2011年08月18日

「興味のあること」と「マイペース」

僕の興味のある事って、一応「本質」という芯はあるのですが、
本当に多岐にわたっていると思います。


心理、精神、感情、意識の事から、
経済、お金、仕事、ビジネス、
ライフワーク、生き方、
健康、食事、人体、
宇宙、法則、スピリチュアル…、

しかも、「体感、経験」や「論理性」を重視しながら
ひとつひとつ突き詰めて行くのが自分のスタイルですね。

そこで一応地に足つけているつもりです(笑)


でも、あらゆる分野を学んでいるからこそ、

ある人の悩みや問題点を
非常に多角的な視点で捉える事ができるので、

瞬時に的確なアドバイスができるのだろうなと思います。


ちなみに昨日は、前世カフェというのに行ってきました。

※その時の模様はこちら
http://on.fb.me/q7m7SJ


昔はオカルトに対して非常に否定的な考えを持っていましたが、
人間考えというのは変わるモノですね(笑)


別に、体感を通していない事というのは、
信じる信じないはどっちでもいいと思うんですよ。

僕は体感を通した事しか信じないので。


その割に、脳みそがけっこう柔軟なんですね。

だから、何を聞いても否定的に捉える事が無いんだと思います。


ちなみに、幼少の頃、自分に大きな影響を与えた発明王エジソンも、

ウィキペディアで見れば、
結構スピリチュアルな事に興味があったみたいですね。

http://bit.ly/nmZ2NC


自分は、人がより幸せになる方法を探求して、
それを伝えるというのが好きなのですが、

「より幸せになる方法」を伝えた時に、
完璧主義の人は自分を責める材料にしてしまいます。


「今までの自分は全然できていなかった、自分はダメなヤツだ…」

とか、

「中井さんの言う事を実践するのは自分には難しいし、できそうにない」

とか、

まぁ完璧主義の人はいろいろと自分を責めてしまうんですね。


でも、最終的に伝えるのは、
「過去じゃなくて未来を見ましょう」って事と、
「やりたくなかったらやらなくても全然いいですよ」って事です。


僕は新しい事を学んだら、

過去の自分を責める事よりも、
これで未来がより明るくなると思って楽しくなります。


それは中学生の時の挫折で完璧主義が外れて、
過去ではなく、常に未来を見てるからです。


だから、昔はたくさんの目上の方々に教えを受けましたが、

僕が彼らのアドバイスをめちゃくちゃ嬉しそうに聞くモノだから、
すごく可愛がって頂きました。


それと、本当にこれは強く思うのですが、

【僕の役目は選択肢を与える事】であって、
誰かに何かを強制するつもりなんて微塵もないんですね。


僕は単に、その人が望む「理想の現実」や「叶えたいヴィジョン」を
実現するのを応援したいだけですから。


たとえば、僕自身は砂糖を極力控えていますけど、

ある人が、「私はおいしいお菓子で人を幸せにしたい!」
というのであれば、僕はそれを応援したいと思います。

それぐらい柔軟性って大事だと思うんですね。


まぁ砂糖に関して言えば、
より健康的なてんさい糖などを使うという手もありますが。


という事で、やりたくない事はやらなくていいんです。


僕もメンターの教えを
すべて完璧にこなせているワケではありませんし、

できてない事だらけですが、

そんな事でいちいち自分を責めていたらキリがありません。


マイペースでやっていたら、
ちょうど良いタイミングでできるようになったりするものです。


ですから、自分は自分のペースでいいんですよね。


柔軟に、何事も否定的に捉えず、
完璧主義を外して、自分を責めない。


そういう根本の部分が、何かを学ぶ時には大事だと思います。


まず、何よりも【いつでもありのままの自分を認める事】が
スタート地点ですね。

いや、ゴール地点でもあるか(笑)


大切な事はいつでも同じですね。



mixiチェック

haxe501 at 05:20│clip!