2011年06月15日

「性」のスペシャリスト

僕のホロスコープでは、蠍座に土星が入っています。

蠍座は、性、死、オカルトなど、
社会的にタブーとされているものを扱う星座です。

他にも、集中力、執着、忍耐などの性質もあります。


土星は、試練やネガティブに捉えてしまうモノ
を扱います。


という事で、僕は小さい頃から、
性、死、オカルト以外にも、お金の話や恐怖など、

一般的にタブーとされている事、隠しておきたいモノに
ネガティブイメージを持っていました。


昔はスピリチュアル的な事はまったく信じてませんでしたからね。

むしろ批判的でした(笑)


でもですね、自分の人生を振り返ってみると、

その社会的にタブーとされている状況に
自分がなっちゃってるんですよね(笑)


真面目な優等生でいたかったのに、
不登校になっちゃったりとかね(笑)


それで、土星の試練というのは、
乗り越えればそれが強みになっちゃうんですよ。


昔はオカルトだと捉えられていた、

「潜在意識」や「スピリチュアル」の知識も
今までたくさん学んできましたし、

一般的にネガティブに捉えられがちな
「お金の話」にも詳しくなりました。

自殺願望がありましたから、
「死」というモノとも向き合いましたし、

多くの人が直視しない「恐怖」にも詳しくなりました。


そして、その知識が今人の役に立ってるんですよね(笑)


それで、なんで性、死、お金、オカルトなどは、
人の感情を強く揺さぶるのかというと、

生命や生存という、
「存在の根本」「本能」に関わる部分だからですね。

だからこそ、
そこを脅かされることに強い恐怖を感じるのです。


僕が何かを学ぶ時の姿勢というのは、

その対象が欲しいというよりは、
本質やメカニズムを知りたいと言う感じなので、


お金の事を学んだのも、

お金が欲しいと言うよりは、
お金の本質を学びたかったんです。


今では、本質を踏まえた上で、
お金を得て、お金の分野をマスターしたいと思っています。


それで、次はなんでか、
「性」について学ばなければならない様な気がするんですよ。


「お金」と「性」は密接に関係していますし、

本質を追究していくと、
全ての知識は結局のところ繋がっているんですよね。

だから、追求すればするほど、
あらゆる事を学ばなければならなくなってくるんです。


ひとくちに「性」と言っても、

生物学からエネルギーから身体のこと、感情のこと、
恋愛の話、男女のパートナーシップ…、

何から何まで絡んできますからね。


本屋さんで「性」に関する本を買い漁るのは、
ちょっと恥ずかしい気もしますが…(笑)

そのうち「性」のスペシャリストになっちゃうかもしれませんね(笑)



mixiチェック

haxe501 at 01:26│clip!