2011年06月12日

12年前と同じ…

ふと気がついたのですが、
今自分に訪れている試練というのは、

12年前の15歳、
中学3年生の時の試練に似ているなぁ…

という事に気づきました。

多少時期はずれていますけどね。


その当時の僕は、とにかく正義感が強くて、
校則を守らないクラスメイトを注意したりしていました。

それが原因で、クラスのある女子とよくケンカしていました(笑)

今思えば、自分の精神が傲慢に偏っているのを、
中庸に戻そうという偉大な宇宙の働きだったんですね(笑)


そして、行きたい高校があって、
受験勉強を必死に頑張っていました。

というよりも、

良い高校に行かないと自分は幸せになれないんだ、
という恐怖から勉強していました。


でも、その結果どうなったかというと、
学校で孤立し、やりたくない勉強のやり過ぎでストレスが溜まり、

結局挫折してしまいました。


なんで自分みたいな真面目な人間が苦しむんだろう?
世の中はおかしいんじゃないのか?

なんて、被害妄想のカタマリで(笑)


今思えば、勉強できるヤツが偉いとか、
自分の考えが正しいと言う傲慢な考えの反動と言うことで、

至って当たり前の事だったんですけどね(笑)


それで、世の中や将来に絶望して死にたくなったんですけど、

当時好きだった女の子がいて、
その子の事を思うと死にきれなかったという…(笑)

恋のチカラは偉大ですね(笑)


で、16歳から20歳ぐらいまでは、
受験勉強の反動で、やりたい事ばかりやっていました。

高校の時は半分ひきこもりみたいな感じでしたから、
インターネット上で知り合いができて仲良くしたり、

専門学校時代はそれなりに楽しい生活を送っていました。


それで、20歳から独立起業に興味をもって勉強し始めて、
今に至ると(笑)


人間の運命の周期には一定のサイクルがあるのでしょうけど、
12年という周期も大きな意味があるんでしょうね。

でも、僕はもう12年前と同じような過ちを起こしたくありません。


試練が起こる度、人間関係における中庸とは何か?

という事がわかってきて、だんだん中庸に近づいています。


今まで無意識に否定していたネガティブも外れて来ました。


本当にあと、もう少しだと思います。


今、12年周期で言うと、
自分のバイオリズムは最低らしいですけど、

まぁこれから上向きになると思いますし(笑)


僕は不器用でバカだから頭打って
傷つきながらじゃないと学べないんですよ。

でも、その痛い経験が人に何か教える時に役に立ちます。


僕はね、自分の事「幸せだ」と言ってますけど、
それはポジティブな面を見てるからそう思えるって話で、

ネガティブな面を見れば、
自分ほど試練が続く人も珍しいなと思う訳です。


結局、光と影の振り幅がどれだけ大きいかの違いであって、

今試練で苦しんでいますけど、
それがまた光に変わりますからね。

そう思えるから耐えられるんです。


実は僕、まだ光に変わってない影をいっぱい溜めてますからね(笑)

これを光に変えるまでは死ねませんね(笑)



mixiチェック

haxe501 at 02:04│clip!