2011年05月12日

どういう起業家になるのか?

私は今、とても幸せです。

毎日、周りの人たちと、自分の生活に感謝して暮らしています。

今まで幸せというモノを追求してきて、
精神的な幸せは手に入れました。

別に何か特別なモノを手に入れたわけではありません。
問題もいっぱいあります。

でも、好きな仕事して、自分を信頼してくれる人たちがいて…。
それが本当に幸せな事です。


でも、全然満足はしていません。
これからは、ビジネスの世界を追求していきたいと思っています。


自分は、有名な講演家や作家の先生になりたいのか?
それとも、違う何かがしたいのか? と考えたときに、

昔は講演家、作家みたいなカタチで、自分の本が
たくさんの人に影響を与えたら嬉しいなって思っていましたが、

でも、もっともっと大きい影響力を持とうと思ったら、
有名な講演家、作家止まりじゃダメなんじゃないか? と思いました。


私は本当に無欲で、
個人的な夢もやりたい事もほとんどありません。

ただ、どうせ人生で何か大きな事を目指すのであれば、
エジソンみたいに歴史に大きな足跡を残したいのです。


確かに、良い本というのは著者が死んでも残り続けます。

でも、情報だけじゃなくて、
何らかの動き続けるシステムを残したいなって思うんですね。

例えば、独自のビジネスモデルであったり、財団であったりです。


子どもの頃の夢は「発明家」になることでしたが、
いくら良い物でも発明しただけじゃ意味ないですよね(笑)

世間に広く知ってもらって、使ってもらって、
初めて人が幸せになるんですよね。

だから、今度はどれだけ自分の知識を
自分のチカラで広められるかを試してみたいと思います。


それで今は、「自分はどういう起業家になるのか?」

という事を考えています。

今までは、悠々自適に働く事が自分の幸せだと思っていましたが、

最近は、バリバリ自分の限界まで働いてみるのも
面白そうかなって思っています。


私はちょっと極端な性格で、
「No.1」とか、「トップレベル」にしか興味が無いんです。

私のメンターたちもそうだと思いますが(笑)


とにかく、「No.1」というものにこだわりがあります。

昔は、自分が「No.1」になれなくても、
「No.1」をたくさん知っている人になろうと思っていました(笑)


そして、次は自分の自信の持てる分野で「実力No.1」だと、
胸を張って言えるようになろうと思って、自分を磨いてきました。


でも、いくら自分の何らかのスキルが「No.1」だとしても、

世間から認知されていなければ、
「ただ自分で言ってるだけの人」扱いですからね(笑)


僕のセミナーに来てくれた人の中でも、
今までいろんな他所の(高額含む)セミナーを受けてこられた方は、

「今まで受けたセミナーで一番だ!」と、
よく言ってくれたりするんですけどね(笑)

結果もちゃんと出してますし。


でも、いくらそんなこと言ったところで、
世間は私の事知りませんからね(笑)

これからは広く世間からも、
「あの人は○○の分野ではNo.1だ」と認識されたい気持ちがあります。


「一番になりたい」と言うと、
傲慢とか偉そうとか思われるかも知れませんが、

生物学的に見ても、男なら誰でもそうだと思うんですよ。

みんなオスの猿は「ボス猿」になりたいと思うんですね。


ビジネスは戦いですし、
甲子園だってなんだって、優勝を狙うでしょう?

初めから準優勝を狙う人はいないと思うんですよ。


で、私はやる時は徹底的にやる、「ゼロか百か」の男ですから、

ビジネスを本気でやると決めたら、
どういうヴィジョンを持ち、どういう方向性で行くのか?

という事を考えなきゃいけない訳です。


でも、こういう事を書いても、
自分が目指すべき方向性の大筋は昔から変わっていません。

「人々に幸せになる為の知識を広める」

その手段が、具体的に何なのか?
どういうスタイルで仕事をしていくのか?

という事が、自分が成長する度に明確になっていくだけです。


という事で、
今、松下幸之助さんと孫正義さんの本を買って勉強中です(笑)

本当に勉強になりますね。


「心理と仕事の関係」とか「幸せな働き方」というテーマではなく、

自分が商売を本気でやるという視点で見ると、
また全然違うことが吸収できます。


ビジネスを本気でやるとなったら、

お客様に対する責任も大きくなりますし、
社会に対する責任も強くなります。

中途半端な覚悟で挑むと怪我をしますからね。


大きい商売をしたかったら、
「No.1」の基盤、プラットフォームを創り、
多様性のある新規事業を創り続ける事かなと思います。

小さい商売でよければ、
「No.1」のソフトウェアを創る事ですかね。


ビジネスの中身はいろいろ考えますが、
とにかく、第三者が評価できる何らかで「No.1」になり、

「GrowHeart」という名前が、
一般の人々にも広く知られる存在になれるように、

心理と言えば、「GrowHeart」と言われる様に、

これから頑張って行きたいと思います。



mixiチェック

haxe501 at 02:34│clip!