2011年04月04日

自分が最も欲しいモノ

自分が本当に欲しいモノって何だろう?

って考えていたのですが、
もちろんいろいろあるんですけど、

やっぱり「人」なんですよね。


自分自身と人間関係が最大の資産、財産です。


私にとっては、価値観が近い人が好きなのですが、
やっぱり、それって弟子なんですよね。

弟子と言っても、別に下に見ている訳ではなくて、
私は人間の価値はみんな平等だと思っています。


セルフイメージが低い人を見たとしても、
それを見下したりはしていません。


という事を踏まえてですが、

私が常に求めているモノって優秀な弟子なんですよ。


教える事と学ぶ事は同じです。


私がいくら学んでも、教える相手がいなければ、
やっぱり私は成長できないんですね。

ですから、貪欲に学ぶ姿勢のある、
優秀な弟子を常に求めています。


と言っても、人によって成長スピードは
マイペースで構わないと思っていますし、

成長のサイクルである、
学習・思考・実践はバランスですから、

実践モードに入った弟子と、一時期離れる事もありますが…。

で、また学習モードになった時に戻ってきます(笑)



で、優秀な弟子の定義って何かというと、


1.捨てる勇気と覚悟を持っている(決断力)


成長するという事は、変化すると言うことです。

今までの自分の考え方、人脈、部屋のモノ…、
多くのモノを捨てないと、成長はありません。

捨てる事で、より成長するのです。

自分の理想を叶える為に、
優先順位の低いモノを切り捨てられる勇気のある人間が、

私は大好きです。


2.対価を支払う姿勢を持っている(義理堅い)


受け取ったら、返そうという姿勢のある人間でないと、
成長する事も成功する事もできません。

人間関係が財産だと言いましたが、
義理堅い人間同士でないと、本物の信頼関係は作れません。

対価というのは、お金だけではなくて、
時間、労力、エネルギーなども含みます。

どれくらい対価を支払う姿勢があるかどうかで、
その人のモチベーションが計れます。


3.自分に正直で、気に入られようとしない(自然体)


これも、本物の信頼関係を作る上で必要な事です。

どちらかが、気に入られようと無理をすると、
関係に歪みが出ます。

私も本音を言いまくってるので、
弟子も本音を言いまくってきます(笑)

人間関係で大切なことは、

意見の相違があってもネガティブにならず、
ニュートラルな気持ちで話し合える関係だと思っています。




という感じですね。


優秀な弟子の定義というよりは、

本物の信頼関係を作るコツって感じですね(笑)



結局、

自分の変化と共に、離れていく人脈を受け入れる事

受け取ったら返す姿勢を持ち続ける事
(逆もまたしかりで、義理のない人を甘やかさない事)

そして、自然体で正直に本音でつきあう事


それでも残った人間関係は、

一生の付き合いになるんじゃないかと思います。


この3つの姿勢を貫いて、

それで離れていったとしたら、
遅かれ早かれ離れていく人なんですよ。

それは、魂で繋がれる存在じゃなかったという事です。


自然体の自分で付き合える人が、本物の人脈であり、
本物の信頼関係ですね。


弟子たちには、
そういう人たちと、どんどん出会って行って欲しいです。


一人別れれば一人と出会い、
一人と出会えば一人と別れます。

春は別れと出会いの季節です。


離れる事、別れる事に執着せず、良い出会いを。



mixiチェック

haxe501 at 22:48│clip!個人的な事