2011年03月05日

非営利 と 儲ける事

このところ、自分の内面の変化が激しくて、
また大きく自分の価値観、行動、人付き合いが変わりそうです。

「変化し続ける」のが私なので、
私とお付き合い頂いている方はご了承お願いします(笑)


何が変わったかというと、
今は「お金と仕事」にエネルギーを集中してるんですね。

「お金と仕事の本質」は理解できたので、
これからは実践して、経験をたくさん積みたいと思っています。


それで、世の中には、

「非営利の会社」と
「営利目的、利益追求の会社」がありますよね。

で、その2つを比べていて、いろいろ気づく事がありました。


もちろん、どちらの会社もピンキリです。


ですから、どちらが良いかと言う話ではなく、

儲ける活動と、非営利の活動のあるべき姿が
理解できたと言うか、区別ができてきたかな、と言う感じです。


非営利団体が必ず善かというと、
全然そんな事ないですね。


スポンサーの出資金や国からの助成金に甘えて、
なんとなく良いことしてますよって感じの団体もあれば、

田中優さんのように、
革新的なアイデアを出され、キチッと経済を回して、
オールウィンのシステムを作られている方もいます。


非営利にしろ、営利目的にしろ、

経済を度外視したプロジェクトやシステムは
必ず上手く行きませんね。

どんな活動をするにしろ、
「お金を無視することはできない」という事です。


要するに、非営利な活動と言っても、
素晴らしい人は儲ける事を考えているわけですよね(笑)


つまり、非営利団体にするというのは手段であって、
目的では無いという事です。


ある目的を達成するために、

非営利団体でなければならないから
非営利団体にするのであって、

ボランティア活動するのにもお金は必要な訳ですから、
結局は「誰かが儲けなきゃいけない」って事ですよね。


という事で、「何にしても儲けなきゃいけない」んですよね。


それで、「時は金なり」ですから、

プライベートとか遊びは別ですけど、
何か生産的な活動を行おうと思うのであれば、

誰しもが「儲からない事」よりも、
「儲ける事」に時間を割いた方がいいわけです。


「儲からない事=非生産的」なんですよね。


もちろん、環境問題に取り組むというのは、

一時的には儲からないように見えて、
長期的には非常に生産的な行為ですから、すごく大事なんです。


ただ、短期的にはやはり儲かりにくいわけですから、

何とかして儲かる方法を考えたり、
誰か儲けた人間が出資するって事とかが必要なんですね。


短期的な利益を追求すると、長期的な利益を失います。

それで、今地球環境が悪化しているわけですが、

逆に、長期的な利益ばかり追求しても、
短期的には利益がもたらされないわけですね。


バランスが大事です。


自己投資にしても、

中長期的に見れば多大な利益がもたらされますが、
短期的に見ればお金が出ていく訳ですよね。


ですから、短期的な利益を上げつつ、
長期的な利益に投資していく。

これが、あるべき姿なのだと思います。



そして、自分のセルフイメージが上がる事に、

非生産的な事よりも、
生産的な事に時間とエネルギーを注ぎたくなります。


最近私は、今行っている活動が、

「どれくらい生産的なのだろうか?」と、
いつも考えています。


今まで、長期的な利益ばかり追い求め、
短期的な利益をおろそかにしていました。

そうなってくると、

長期的な利益(例えば自己投資)に投資ができないので、
結局効率が悪くなってしまうんですよね。


お金持ちが一番何にお金を使うかって、
やっぱり勉強代、つまり自己投資です。

だから、もっともっとお金持ちになっていくんです。


長期的な利益に潤沢な投資を行いたければ、
短期的な利益を上げる必要がある、

つまり、儲けなきゃいけないって事です。


地球環境を守ろうとか、自殺者を減らそうとか、
教育を変えていこうとか、


そういう社会を良くしようとするのであれば、

何よりも先ず、儲けなきゃいけないのです。


松下幸之助さんが部下のアイデアに、
「それは儲かりまっか?」

と聞いていたのは有名なエピソードですが、

その真意というか、意図がやっと理解できましたね。


たくさんのお客さんに喜ばれながらたくさん儲けて、

儲けたお金を長期的な利益であったり、
さらにお客さんに喜ばれるために投資していく…。


それがあるべき経済活動の様な気がします。


短期的にも長期的にも利益が上がらない行為。

即ち、儲からない行為というのは、
非常に非生産的で、ただの自己満足です。


ただの趣味なら構わないと思うのですが、

世の中よくしたいとか、
周りにポジティブな影響を与えたいとか、

そういう高尚な目的があるのであれば、

「儲ける」と言うことは必須の活動であり、
「儲けること」に執着し、こだわらなければならない、

と言えるのではないでしょうか。


もちろん、人には得意分野がありますから、

儲ける専門の人と、
出資されたお金で社会問題に取り組む専門の人と、

役割分担してもいいと思いますが、

「儲けること」と「社会に貢献すること」は、
切っても切れない関係にあると言うことですね。


という事で、

私はこれから儲からないプロジェクトには
時間やエネルギーを割きません(笑)


儲からない事をしている時間があれば、

儲ける事に時間を使った方が、
より効率的で生産的で、より多くのひとたちに貢献する事ができます。


最近忙しくなってきて、
本当に「時は金なり」だなって実感してきました。


本当に、非生産的な活動に時間を割くのがもったいないのです。

とにかく時間とエネルギーがもったいないんです。


自分の時間やエネルギーが取られないのであれば、
自分が何か役に立てる事はできるだけしたいと思いますけど。

例えば、人や情報を紹介するとかね。 

これは自分の時間が取られませんから。


でも、自分の時間が取られること、
思考力が必要なこと、集中力が必要なことに関しては、

自分の限られた資源ですから、有効に活用します。



最近の「私の時間」は即ちお金と同じです。

投資するに値する「活動」に時間を投資したいと思います。


それは、金の亡者になるって事じゃなくて、

自分の限られた時間を、より生産的な活動に費やし、
多くの人の役に立ちたいという事です。


ですから、たくさん人を集めてくれるのであれば、

また依頼があれば、
ボランティアでセミナーとかしてもいいんですけど。


パブリックな存在として活動する以上、
効率的か? 生産的か? が自分にとって大事なのです。


趣味とか友達づきあいとかは別にいいんですけど、

プライベートな自分としてなのか、
パブリックな自分としてなのか、
自分の活動が「仕事」なのか「趣味」なのか、

をキチンと区別し、メリハリをつけたいと思います。


短期、中期、長期的に儲ける為に、

自分の持つ限られた資源(時間、集中力、思考力)に対する
「生産性」と「効率」を高めていく。

それが、これからの「パブリックな自分」のテーマになりそうです。



mixiチェック

haxe501 at 15:50│clip!お金について