2011年02月25日

軸がブレブレ

最近、学生の子と話していても、
自分の軸が無いという悩みを良く聞きます。

要するに、「自分の生き方に迷いがある」
と言うことだと思います。


でも、私も良く迷います。

一年に5回くらい迷うと思います。


それは、自分の意識がどんどん進化するし、

求める基準も高くなるし、
周りの状況も変化していくので、

それに臨機応変に対応して行くには、
常に自分の思考をヴァージョンアップさせる必要があるからです。


この変化の激しい時代に、
自分自身を変化させないことの方がリスクですよね。

10年間同じ考えだと、きっと生きていけないと思います。


私は迷いが出たときは、徹底的に考えます。

自分の生き方の方向性に迷いが出たら、

「これで間違いない!」
という結論が出るまで考え続けます。

迷いながら道を進まないのです。

揺るがない確信ができて、始めて道を歩むのです。


その思考のプロセスが、自分にとって貴重なんですね。


自分の城を創っては壊し、創っては壊し…、

と言うのを繰り返しているので、
どんどんどんどん良い城に変わっていくのです。


今までの考え方に上乗せしては考えません。

一度真っ白にします。


要するに、今までの自分の考え方を全て否定します。

これは、あまり楽しく無い作業ですが、
それをしなければ、今以上の進化はありませんからね。



私は、思想、考え方に価値は無いと思っています。

それは我、エゴ、執着と呼ばれるモノです。


それよりも、物質的豊かさ、精神的幸福。

そういったモノの方が価値があると思っています。


要するに、考え方はプロセスなんですね。

いくらプロセスにこだわっても、
結果がついてこなければ苦しいですよね。


結果を手に入れるには我を外し、

真我、超意識と呼ばれるものから沸いてくる、
インスピレーションに従って生きていくことが重要だと思います。


だいたい、幸せを邪魔しているのは「自分の古い考え方」なんです。

もう少し言うと、「観念」ですね。


自分が幸せに生きる道は必ずあるはずです。

それを邪魔するのは「自分の古い考え方」です。


それを創り出しているのは、世間の常識という洗脳ですね(笑)

自分もまだまだ洗脳されています。



でも、ひとつだけ注意点がありますが、

自分の洗脳を解けば解くほど、
世間一般の人々の考え方と乖離していきます。

ですから、だんだん価値観を共有できる人が
少なくなっていくと思います。


光と影は表裏一体ですから、

光を手に入れるには、
何かしらの影を背負う必要がありますからね。

自分がどれだけの影を背負えるかで、
どれだけの光を手に入れられるかが決まります。


私はある面で、その影を背負う事を嫌がっていました。

だから手に入る光に限界があったのです。


でも、より大きな光を手に入れる為に、
より大きな影を受け入れる覚悟ができました。


観念が「影」を否定するのです。

ですから、光を手に入れるには、
観念を外し、「影」を受け入れる事です。


具体的な事を言ってないので、
何の事かわかんないですよね(笑)


でも、ひとつだけ言えることは、

私と同じように影を背負える人でなければ、
私との心理的な距離がどんどん開いてしまって、

疎遠になってしまうという事です。


これも光を手に入れる為の「影」です。


同じだけの「影」を背負える人でなければ、
一緒に成長していけません。


何かを得るためには、何かを犠牲にしたり、
代償、対価を支払わなければなりません。


私にとって大事な光は、

自分が成長し、その「過程」を成長したい人々に伝えて行く事です。

それ以外の事は、捨てる覚悟を持たなければなりません。


全てを優先することはできないのです。

これが、三次元、有限の世界のルールです。


スピリチュアル本に書いてあるような、
「望めば全て手に入る」と言うのは、誇大表現だと思います。


自分の望むモノは手に入る、

ただ、その為に
「自分の観念」と「優先順位の低いモノ」を捨てる必要がある。


と言うのが、もう少し正確な表現だと思います。



成功者という人達は、捨てる(決断する)達人です。

最も大切なモノのために、
それ以外をカンタンに、躊躇する事なく捨てる事ができます。


私もまだまだ未熟ですが、自分を成長させる過程で、
どんどん捨てる事が上手くなってきました。


あなたにとって最も大切なものは何ですか?

その為に、それ以外のものを捨てれますか?


それが、生き方の軸だと思います。



mixiチェック

haxe501 at 14:49│clip!幸せに生きる