2011年02月22日

甘さは人を救わない

多くの人が、甘いことと優しいことを混同しています。

というか、私自身、超甘い性格でしたので、
それによって、たくさん現実の壁にぶつかってきました。

苦しいと逃げたくなる、人に頼りたくなる。

でも、私の場合、
自分の悩みは他人に解決する事はできなかったので、

すべて自分で解決してきました。


苦しみながら、学んできたのです。

私に直接会える先生はおらず、本と現実が先生でした。


本は優しいけど、現実は厳しいのです(笑)


自分を幸せにしようとするならば、
ある面では自分に厳しくする必要があります。

自分に厳しくするには、
セルフイメージを高く持つ必要があります。

セルフイメージが低いと、自分に厳しくすることができません。


セルフイメージが高い分、
自分に厳しくして、自分を高める事ができるのです。

向上心、好奇心とセルフイメージも連動しています。


精神的に幸せでない人は、苦しみから逃げています。

人は弱いから当然と言えば当然ですが…、


自分に思うことと他人に思う事は連動していますから、
他人に甘いという事は、自分にも甘いのです。

それが幸せになれない原因です。

自他共に甘いから、現実が厳しいのです。

自他共に厳しくすると、現実が甘くなります。


精神的に幸せな人は、
自分を精神的に高めるという事について、

自分にも厳しいし、他人にも厳しいのです。


厳しいというのは、
怒るとか怒鳴るとかそういう事ではありません。

自分の未熟さを認め、自分を鍛え、高めようとする事です。


ですから、このブログでは今まで厳しい事を書いてきたのです。

それが、自分と読んでいる人を幸せにするからです。



最近は、経済問題やお金と仕事について考えていますが、

貧乏な人と言うのは、経済の分野で自他共に「甘い」のです。


その甘さを抜かない限り、豊かになることはできません。


経済の分野で、自分にも厳しく、他人にも厳しい。

それが、自分を豊かにし、周りも豊かにするのです。


じゃあ、経済の分野で
自分に厳しく、他人にも厳しいというのはどういう事か?


お金を得る、お金を回すという結果にこだわり、
「手段を選ばない」と言うことです。

プロセスへのこだわりを捨てるのです。


もちろん、法律違反や詐欺まがいの事はいけませんし、
「お客さんに喜んでいただく」と言うのが大前提ですが、

お客さんに喜んでいただけるのであれば、
支出を最小に抑え、最大の利益を上げようとする事です。


それ以外の事を考えると、その分豊かさは遠ざかります。


それで、本質的な話をすると、

お金に対して甘い人は、必ずセットで真逆の人を引き寄せます。

それは、お金に対して厳しい人です。


その人の話を良く聞き、
その人の価値観や行動を受け入れる事によって、

中庸が取れ、バランスが取れるのです。


たぶん、その人はあなたにとって修行相手ですから、
ケンカも良くするでしょうが(笑)


でも、「対立」は善悪の価値観を抜けば「相補」になります。

自分が正しいと言う思いを捨てましょう。

そうすれば、その人は自分を助けてくれる存在となります。


人生ってそういう風にできているのです。

おもしろいですね。




mixiチェック

haxe501 at 13:08│clip!個人的な事