2011年02月21日

逆境と出会うとき

最近、思う事がなかなかうまくいかなくて、
ちょっとしたスランプを彷徨っていました。

ま、今までの経験上、
人生上手くいかないときは、「我・執着」が原因である。

という事はわかっているのですが、

漠然とうまくいかない感じで、
どうしたら良いのかわからずにいました。


とりあえず掃除しようと思って、

ベランダを思いっきり掃除してみたり、
いろいろやってみました(笑)


そこで、ふと自室の本棚を見ると、
「プロは逆境で笑う」という本がありました(笑)

買ってほとんど読んでいませんでしたが、

ちょっと読んでみると、いくつかの文章がスッと入ってきて、
なんか気分が良くなりました。


それで、自分のバランスが悪い部分がよくわかりました。

パブリック路線を強化しようと、
いろいろ新しい試みをしていたことが、逆に裏目に出ているなと(笑)


本当は自分の事をスゴイ人だなんて思って欲しくないクセに、
そうする必要があるのかなぁと思ってみたり…、

影響力を強めるために、
幅広い人に自分の事を受け入れてもらおうと思って、

自分と価値観の違う人に合わせて
コミュニケーションを取ってみたり…、


要するに、イヤな事やってるからダメなんですよね(笑)

魂がイヤがってる事をしても上手くいく訳がない(笑)


それと、商売を拡大するために売上を上げようと
いろいろ考えて見るのですが、

売上を上げたいと思って出したアイデアって、
自分の周りの人達には通用しないんですよ(笑)

まぁ、GHSとかセミナーで、
本質を見る目を鍛えてもらってるので当たり前ですかね(笑)

それに、そもそも、
自分自身がそのアイデアに、本当に乗り気じゃないし(笑)


商売人、サービスを提供する側と、
お客さん、サービスを受け取る側、

どちらも同じ波長だから引き合います。


小手先のテクニックが通用するのは、
本質から離れたモノに惑わされる人ですし、

逆に、本質を見抜く目を持っている人に
小手先のテクニックは通用しません。


と言うよりも、自分自身が楽しく無い、

というのが、うまくいかない一番の原因であると思います。


自分は、本当に人に喜ばれる事をやっているとき、
自分自身が楽しいんですよね。


自分自身が納得していないモノを人に勧めて、
もし受け入れてもらったとしても、

自分自身は楽しく無いんです。


自分らしくないことや、
不自然な事をしはじめると必ずどこかが歪みますね。


崇高な目的の為にって言っても、
自分や身のまわりの人が喜んでなかったら、

その崇高な目的にどれほどの価値があるのでしょう?


やはり、自分の人生が上手くいっている時というのは、

自分自身が新たな事をどんどん学び、
それを周りの人達にどんどん伝え、

本当に喜んでもらえ、自分は伝える事が楽しい。


そのサイクルにあるのだと気づきました。

そこに上下関係とかどっちが偉いかなんて関係ないですね。


もう自分の「精神管理心理学」はほぼ完成かなぁという領域で、
あまり新たに学ぶ事もあまりないのですが、

これから自分が高める事は仕事とお金の領域、
グローバル社会に向けて海外の情報や言語学に重点を置き、

それに絡んで健康、食事、運動の領域の知識を学び、

それらを伝えていこうと思います。



mixiチェック

haxe501 at 16:28│clip!個人的な事