2011年01月15日

争い疲れました…。

結局、自分と他人って一緒ですから、

自分を幸せにする事が、
他人を幸せにする事だし、

他人を幸せにする事が、
自分を幸せにする事なんですね。


今まで人の痛み、苦しみ、悩みを解いてきて、
自分もたくさん成長してきましたが、

最近の自分は、
感情がほとんど揺れなくなってきてるんです。

そうなってくると、苦しいことも無いんですけど、
欲とか、楽しいことも無くなってくるんですよ。

苦楽は表裏一体ですからね。


でも、そんな自分でも幸せを感じる瞬間があって、

それが、「与える事、受け取る事、共有する事」なんですね。

モノとかもあるかもしれないですけど、
感情とか想いとか気持ちとかですね。


自分の話に誰かが共感してくれる、
他人の話に自分が共感する、
自分の話で他人が喜んでくれる、とかですね。


他人とコミュニケーションを取らないと、
本当に一元の世界で、感情が動かないんです。


以前も書きましたが、
やっぱり豊かさの本質というのは、「循環」なんですよね。

「与える事、受け取る事、共有する事」って、
結局は「愛し合う」ってことだと思うんですよ。


私は、別に良いことだけ共有したいんじゃなくて、
苦しいことも共有したいんです。

今の自分は「苦」を「苦」と捉えないので、

自分の背負える範囲で、
ストレスとか、苦しみ、痛みを他人と共有する事も幸せの内なんです。


それで、

今までブログで厳しい事も書いてきましたが、
それも自分では愛を与えているつもりなんですね。


でも、人によって解釈は違いますから、
ネガティブに解釈されて、

自分から離れていく人もいれば、
自分を批判してくる人もいました。


偏見を持っている人には自分の言葉は届かないし、

今まではそれも仕方無いなと思っていたんですけど、

合気道では、
相手に敵対心を持たれた時点で負けだと言うんですね。


何が正しいって言うのは無いと思うんですが、

そういう視点で考えると
自分の表現スタイルを省みる必要があるなぁと感じます。


それに、もう私は争い疲れました。


今まで完璧な理論を求めて、
ずっと自分の理論を構築してきましたから、

口論とかディベートもわりと負けない自信があるんですが、

勝ったところで、不毛ですよ。

争いは何も生みませんね。


もちろん、今までその理論によって人の幸せに貢献してきたし、

相手によっては、
自分の理論に突っ込んできて問答を繰り返し、

その結果わかりあえて、
感謝しあえるという時もあるんですけど、

それは、お互いに相手の話に聞く耳を持っていて、
相手が答えを求めているからですね。


剣術の達人になると、
剣を抜く必要がなくなると言います。


自分は誰からも反論されないように
理論を構築してきましたが、

もう元々反論自体起きないスタイルを
構築するべきかなぁ…

なんていう風に思います。


人を愛する事ってもっとシンプルな事のハズなのに、
なんで争いが起きるんでしょうね?

たぶん、自分がお節介焼きだからですね。


他人に幸せになって欲しいという執着が強いんですよ。

だからいちいち厳しい事も書いちゃうんです。


もっとクールな人間を目指そうかな?(笑)

なんていう風に思います。


日々精進ですね。



mixiチェック

haxe501 at 04:22│clip!