2011年01月06日

愛 と お金 と パートナーシップ

2011年の私のテーマ「パブリック」という事を決めてから、
いろいろ考える事はあったのですが、

「愛」と「お金」と「パートナー」って
非常に密接に絡み合ってるなって、ものすごく感じます。


私は今までたくさんの人に愛されてきました。


中学生で挫折した時、
両親から「無償の愛」を感じました。

学歴とか世間体とか将来性とか、
そんなモノを自分が持っていなくても、

両親は自分の事を心配してくれて、
いろいろやってくれているのを見たとき、

きっと、自分の存在価値を認める事ができたんだと思います。



そして、学生時代から社会人全般を通して、
私は先生や師匠、上司に可愛がられてきました。

まぁ、自分みたいなフランクなタイプを嫌う人もいますけどね(笑)

真面目さや礼儀正しさを求める人からは、
不真面目に見えるんでしょうね(笑)

でも、面倒見の良い目上の人からは、
たっぷりと可愛がられてきました。

目上の人からの愛を受け取ると、
自分の将来に自信が持てるようになります。



そして、独立してからは、
自分がされてきたように、目下の人を可愛がってきました。

そうすると、目下の人からの愛を受け取る訳です。

目下の人からの愛は、
自分が与えるモノや、発信するモノに対する自信がつきます。


両親からの愛は、人間としての自信

目上からの愛は、将来に対する自信

目下からの愛は、与えるモノに対する自信

が身につきます。



では、異性からの愛とは何でしょうか?

異性間の愛というのは、
対等なコミュニケーションを象徴しています。


ですから、
「取引、お金、仕事、商売」に対する自信に影響します。


星占いの世界でも、
金星は「恋愛、お金」などをまとめて扱う星ですからね。


本田健さんの著書にも、
異性に対しての意識と、お金に対する意識は同じだとか、

パートナーシップでうまくいっている人は、
お金にも恵まれやすい、という事が書かれています。


私はいろんな人を観察していますが、
お金に恵まれている男性は、女性から愛されている人です。


男性が社会で本当に大きな事(大儀)を成そうと思えば、
絶対に女性からの愛が必要だと思います。

それがないと、

社会の中での自分の価値(経済価値)を認めたり、
社会の中での自分に自信(仕事の自信)が持てないわけですから、

社会で事を為そうという勇気やエネルギーが湧いてこないんですね。



それで、面白いのですが、
恋愛傾向と、その人の仕事のスタイルって一致しているんですね。

「女性の扱い方」=「お客さんの扱い方」なんです。


自分のエゴの為にたくさんの女性を追いかける人は、

仕事上でも、
売上(お金)の為にお客さんの利益を犠牲にできる人です。


自分の商品をセールステクニックでなんとか売ろうとする人は、
女性に対しても心理や恋愛のテクニックでなんとかしようと考えます。


今までの、私のお客さんに対するアプローチというのは、
来るもの拒まず去る者追わず。

テクニックなんか使わずに全てストレート、
外見ではなくて中身で勝負。

これで満足しない人は結構ですよ、的な(笑)

ある意味、職人気質的な所がありました(笑)


でも、これから「パブリック」を目指しますから、
もう少し表現方法にも気を使おうと思いますけどね(笑)



で、以前の私というのは、

「お客さんに絶対に損はさせない!」

というプライドが強すぎて、

「与えすぎていたなぁ…」と感じるんですね。


要は、頑張りすぎていて、与えすぎて、
逆に受け取り下手になっていました。


最近は、「素の自分でもお客さんは十分に喜んでくれるんだ!」

という事が腑に落ちてきたので、

お客さんに対しても、
ニュートラルな気持ちで接する事ができるようになりました。


これってすごく重要な事だと思うんですよ。


もちろん、商品やサービスのクオリティは
高い方が良いに決まっていますが、

その意識も偏りすぎると良くないんですね。


普通に生きていたら、

「愛されるためには頑張らなければならない!」
「お金を頂くからには頑張らなければならない!」

って思い込んじゃうんですけど、


ある程度の域まで来ると、

チカラを入れずに自然体でも愛される、
チカラを入れずに自然体でもお金は入ってくるんだ、

っていう状態まで持ってこれるんですね。

それまでは、頑張って自分を高める必要はありますけどね。


やっぱり、全てはバランスだなぁって感じますね(笑)


最終的には、お互い自然体で付き合える方がいいですからね。


でも、その偏りを自覚するにも、自分を高めまくって、

まずは与えて与えて与えまくってみるのも
良いんじゃないかと思います。


中途半端な状態で、中庸を取ろうとすると妥協に繋がり、
レベルの低い状態にとどまってしまう危険性もあります。


与えまくる中で、ちょっと与えすぎかなと感じ初めて来たら、

「そろそろ自然体でも豊かさはやってくる状態に入ったよ」

っていうサインかもしれませんね。



mixiチェック

haxe501 at 19:55│clip!