2010年12月06日

今の人脈は本当の仲間じゃない

先日、ヨガの先生に、
人を成長させるのが「愛」だと言われました。

成長とは、「我」を外していく事です。

でも、「我」を外すと言うことは、
今までの自分の執着を手放すと言うことです。

私は、論理によって、
いままで多くの人の「我」を外してきました。


もちろん、カンタンに外れる「我」もありますが、

自分の弱さ、未熟さを認めないと外れない「強い我」もあります。


そういう時でも、私は容赦なく相手の未熟さ、弱さを認識させます。

それが、相手の成長に貢献する事だからです。

このブログもそのひとつですね。


私は、誰かに嫌われようとも、
相手を成長させる事を選択してきました。


セミナーや個人コンサルティングの時は、
笑顔で優しく、笑いながら伝えますけど(笑)


たぶん、同じ事を言っても、

ブログだと厳しく、対面だと優しく聞こえると思います。


喜んでくれる人もいますが、
自分の「我」を守りたい人は去っていきます。


去っていく人にとって、私は、

・自分の弱さ、未熟さを見せてくる存在
・ネガティブな感情を与えてくる存在
・イヤな事を言ってくる存在

なのでしょう。


それでも、私は成長するための真実を語り続けます。

それが「本当の愛」なんだと確信が持てました。


私にとっては、自分にネガティブ感情を与えてくれる人こそ、
自分の成長に貢献してくれる、ありがたい存在なのです。

そういう人は、もう1~2人ぐらいですけどね(笑)



それで、今日もちょっと厳しい事を書こうかと思うのですが、

「今の人脈は本当の仲間ではない」という事です。


最近の悩み相談で多いのが、

「自分が成長しようとすると、協調性が保てない」
「だから、他人に合わせてしまう」という事です。


他人に合わせる必要なんて全くありません。

他人に合わせているときは、「自分を偽っている」という事です。


今の人脈は、今たまたま目の前にいるだけの存在です。



本当の自分の仲間というのは、


他人の事なんて一切気にせずに、

全力で自分を限りなく成長させていった時に、

それでも周りにいてくれる存在です。



高い山を目指して、一気に駆け上がって、

山頂まで一緒に付いてこれる人が本当の人脈です。



他人に合わせていると、自分の成長が止まります。

自分の成長が止まると言うことは、
本来の自分に戻れなくなっているという事です。


極端な言い方をすれば、
「偽りの仲間」と足を引っ張り合っているのです。


本当の仲間というのは、本来の自分に戻ったときに、
それでも、そばにいてくれる存在です。


20代そこそこで、一生付き合える本当の仲間なんて、
身近にホイホイいるはずが無いんです。


付き合いが続く人なんて、1000人出会って、たった数人ですよ。


まぁ、私の場合、
ストライクゾーンが狭いという事もあると思いますが(笑)


だから、合わない人とはどの道絶対に別れは来るのです。


「新たに誰かと出会う」と言うことは、
「今まで付き合ってきた誰かと別れる」という事です。

「今まで付き合ってきた誰かと別れる」という事は、
「新たに、本来の自分に近しい人と出会う」という事です。



多くの日本人は、
「協調性が正しい」という教育に洗脳されています。


本当の孤独を受け入れた人にとっては、
低次元の協調性は、ただの「馴れ合い」にしか見えないのです。

それは、協力関係ではなく、単なる依存関係です。



私は、「誰と縁が切れても良い」と「完全な孤独」を受け入れました。


そのせいで、自分から離れていく人も当然いるでしょう。

でも、それでも自分を慕ってくれる人はいるし、

これから、何らかの分野で日本トップ、
世界トップレベルの人とも出会っていきそうです。


私はどんどん、成長して本来の自分に戻っていっているのです。



私は、他人との縁など気にせず、容赦なく自分を成長させていきます。

それでも一緒に成長していける人こそ、本当の仲間です。



縁を気にしないと言っても、信頼が損なわれるわけではありません。

それでも、信頼関係を結べる人はたくさんいます。


何故なら、同じような価値観の人は必ず存在するからです(笑)


人を大切にする、信頼を大切にする。

でも、別れる時に執着はしない。


このバランスが大切なのです。


別れというのは、自ら別れを告げるのでもなければ、

自分から意識して離れていくのでもありません。


自然と別れが来るのです。

共有していた意識が外れていくとも言えますけどね。


ヨガの先生が言う通り、「縁は無常」なのです。


それをスッと受け入れる事が大事なのです。


人には相性があるのです。

だから、初めから「自分の地」を出す事です。



今たまたま目の前にいる人の為に、

わざわざ自分を偽る必要は無いのです。


さっさと成長して本来の自分に戻る事です。

私は言い切りますが、
それでもあなたが好きで周りにいてくれる人は必ずいます。


ですから、孤独を受け入れても、
本当に孤独になんてなれないんですよ(笑)


自分を偽っている人って気持ち悪いでしょう?(笑)

偽りの無い、本来の自分の方が好かれますからね(笑)


そして、本来の自分を好きでいてくれる人が、

本当の仲間なのです。


バシャールも、本来の自分でいないと、お互いにとって、
本当に必要な存在(相手)が自分の事を見つけられない

という表現をしています。


砂金が入った砂をざるでこす様に、

たくさん出会って、たくさん別れて下さい。


その時残った存在、砂金こそ、自分の本当の仲間なのです。



mixiチェック

haxe501 at 13:56│clip!幸せに生きる