2010年11月24日

マクロビオティック

今まで、プロでもない自分が、マクロビオティックを語るのは、
おこがましいかなと思っていたので、

あんまり私の口から詳細を語る事はしなかったのですが、

最低限の事を知っておいて欲しいなと思うので、
何故、自分がマクロビオティックを押すのか?

という事について、ちょっと書きたいと思います。


まず、私の理念は、

幸せの基礎である、
「心理・経済・健康」の知識を持って欲しい。

という所にあります。


精神面、経済面、肉体面、これはすべて繋がっているんですね。


例えば、経済面での成功というと、
「自分の好きな仕事で人に喜ばれ、欲しいだけの時間と収入を得る」

というのを、経済での成功と仮定するならば、

結局、「精神」と「肉体」を高めていないと、
もちろん上記の様な成功は出来ないのです。


まず、心理をわかっていないと、

仕事や商売やお金の事もわからない、
天職にも出会えないし、楽しく仕事ができない、
お金のストレスから解放されない

というのは、何となくわかってもらえると思いますが、

肉体を高めていないと、本当にお金は稼げないのです。


より高い収入を得るには、頭脳労働が必須ですから、

限られた時間の中での集中力や思考力は、
何よりも重要な資源なのです。

ですから、脳のパフォーマンスを最大限に高める必要があります。

その為には、肉体を最大限に高める必要があるのです。


ですから、私はマクロビオティックを勉強、実践し、

ヨガ、合気道などもマスターしたいなと考えているのです。


肉体面を高めれば高めるほど、思考力、集中力は高まります。



「心理・経済・健康」といっても、

私の場合は心理がメインですので、心理を極めつつも、
今まで経済と健康の知識も勉強してきました。


私は、経済の分野で言うと、
お金とメンタル、商売とメンタル、天職を見つける方法
などは得意ですが、

マーケティング、セールスのノウハウは、
メンターの本や教材から学んでいますし、

私がマーケティングやセールスを教える仕事は
するつもりはありません。

あくまでも、私は心理のプロですので。

心理に基づいたビジネスのコンサルティングはできますけどね。


人間は、そう多くの分野を極められるものではありません。

一つの分野を極めるには、膨大な知識と経験量、
つまりデータ量が必要ですからね。


私の理念は、「心理・経済・健康」ですが、

「経済」と「健康」の細かい知識については、
自分で研究できる時間もエネルギーも興味もそこまでありません。


ですから、もう既に極めている人から学ぶのが早いのです。


それで、今度は健康の話をすると、
マクロビオティックと出会う前までは、

添加物の事とか、栄養の事を学んでいました。

結局、
「添加物がたくさん入った食品をできるだけ取らないようにしよう」

というのが、最近までの指針でした。


それに、マクロビオティックという物にも、
初めはあまり興味がありませんでした。

ちゃんと勉強するまでは食事法だと思っていたので、


食事法に大層なオリジナルの横文字付けて…

なんて思っていました(笑)


でも、久司道夫先生のDVDを見て、衝撃を受けました。

単なる食事法ではないという事がようやくわかったんですね。



ここからが本題ですが、
マクロビオティックは食事法ではありません。

ですから、オーガニック信仰や菜食主義とは違うのです。

玄米食ってりゃマクロビオティック、でも無いんです。


かなり包括的な意味を含むので、一言では言い表せ無いのですが、


個人的な解釈ですが、伝わりやすい表現をすると、

宇宙の最も根本的、根源的な法則である、
「陰陽の法則」に基づいた「食・人体・健康」に関する体系ですね。


もっと広い捉え方をすると、
「健康」の分野にとどまらないのですけどね。


私は、基本的に独学が好きなので、
オリジナルの名前が付いている体系を学ぶのが好きではないんです。

例えば、NLPであるとか、○○セラピーとかですね。


私は偏るのが嫌いなので、そういうのがある事は紹介はしても、
自分がプッシュする事は今までありませんでした。


でも、マクロビオティックは、
そういう今までの自分の信念が覆るほど素晴らしい体系ですし、

宇宙の法則に基づいていますから、否定しようがありません。


それに、私は判断基準が「人思考」ですけど、

そのマクロビオティックというモノを創り、広めている、

桜沢如一先生と、その弟子の久司道夫先生の
人としてのすごさが、全てを物語っていると思います。



私はマクロビオティックを勉強してから、

玄米を食べるようになって、
心身が高まったのもありますが、

風邪を引いた時の正しい対処法もわかりましたし、

最近でも、風邪を引きかけましたが、
正しい対処をする事によって、引かずにすみました。

母親に食事のアドバイスをして、
母のぜんそくを改善する事もできましたし、

食事によって体調やメンタルをコントロールできるようになって、

身体が冷えたり、無気力に傾いた時は、
塩を摂ってバランスを取れるようになりました。


母親の食事はどういう子どもが生まれてくるかに強く影響するので、
女性は特に、真剣に勉強して欲しいと思います。


上記の様な事は、
オーガニックや菜食主義だけではできませんからね。



ただ、マクロビオティックというのは、
人に伝えていくのが非常に難しい体系だと思います。


本質的過ぎるが故に、

その定義を伝えるのにも、学ぶ意義を理解させるのにも
時間と情報量が必要なんですね。


本質的なモノって学ぶメリットがありすぎて、
逆に表現しにくいんですよ(笑)


心理も、学ぶメリットなんてありすぎてありすぎて、
いちいち書ききれないぐらいメリットあるんですよ(笑)


最近、「中井さんのおかげで収入が増えました!」

ってやたら言われるんですけど、
セミナー代安すぎたかなぁ… と後悔の日々です(笑)


私の心理体系がなぜそこまで効果があるかと言うと、

これも宇宙の法則や心理の仕組み、メカニズム
を伝えているからなんですね。


でも、本質を学ぶ意義がわかる優秀な人間は、

これは多大なメリットがあるな、
と自分で感じ取って学びに来るんですよ。


「こんなメリットがあるんですよ」と
説明されなければ理解できない人間は、

残念ながら、そういう本質的な部分にはたどり着けないんですよね。



これだけは、強く言っておきたいですが、

心理、経済、健康に【流行廃りなんて無い】んですよ。

不変の法則であり、本質ですから、

最近、「酵素(エンザイム)」って流行ってますよねとか、
「最新の心理学」とか聞くと、虫唾が走ります。


人の心理に最新も何もありません。

人体の仕組みが変わる訳が無いんだから、
健康に良いモノに流行廃りがあるわけが無いでしょう?


本質を理解しないままに手を出すから、やめるのも早いんですよ。


私は、マクロビオティックを理解して
実践するまでに時間はかかりました。

何故かと言うと、

自分は時間と労力を無駄にするのが嫌いなので、
学ぶ意義がわからないと動かないからです。

何事も、本物なのかどうなのか、見抜けるまで手を出さないのです。

でも、意義がわかればこそ、ずっとモチベーションは続くのです。


話を戻しますが、

私はマクロビオティックを単体で広めるのは
かなり難しいなと感じています。

ですから、これから、
起業家育成、コンサルタント育成をしていく中で、

まず、リーダー達に知ってもらう、

という事が大事だと思っています。


肉体面の進化を無くして、精神面、経済面の進化もありません。

ある程度までは高める事ができても、

肉体面の進化がなければ、
これ以上はいけないという限界が必ずきます。


現に私は、

玄米を食べなければ、これ以上精神を高める事はできないな…。

という限界を感じましたから。


そして、今は経済面での進化をする為に、肉体面の進化、
脳のパフォーマンスを引き出す食事と運動を心懸けています。


単に、健康になりましょうというのが、
私のメッセージではありません。

「心理、経済、健康」「精神面、経済面、肉体面」

この3つは密接に繋がっているのです。

どれが欠けても限界は突破できないのです。


という事で、
興味がある方は入門書として、

久司道夫先生の

「マクロビオティックをやさしくはじめる」
「マクロビオティックが幸福をつくる」

を読んでみて下さい。


衝撃を受けます(笑)



mixiチェック

haxe501 at 08:20│clip!食生活と運動