2010年11月21日

執着 と ヨガ・レポート

先日、自分の大きな無意識の執着に気づきました。

これは、おそらく自分がすべての人に対し、
無意識的に願っていた事で、

自分としては、とても平和的で純粋な願いだったと思います。

そのおかげで、今までたくさんの人と仲良くしてきました。

しかし、今の自分の状態からすれば、

自分の成長を阻害し、
他人を苦しめかねない執着であると気づきました。


ですから、思い切ってその執着を捨て去りました。

そうしたら、心がめっちゃ軽くなりました。


自分ではポジティブな考えや価値観だと思っていた事が、

実はそうではなく、自分の状態が変化する事に、

その観念がネガティブにもなり得るものなんだなぁと。


絶対的な価値観など存在しないんだと改めて思いました。



例えば、正義のヒーローが謙遜してたらおかしいでしょう?(笑)

「僕なんてまだまだですよぉ…」なんて思っていられない。

「俺がやらなきゃ誰がやる!」ぐらいに思わないといけない。


ソフトバンクの孫正義氏は後者の精神を持っていると思います。


でも、人生のある時期では、
謙虚に学ばなければならない時期もある。

勇気と自信を持って挑んでいかなければならない時期もある。

何の実力も無いのに、後者の精神を持っていても、
他人には、それはただの傲慢にうつりますし、

謙虚に学ぼうという姿勢を阻害する精神でもあります。


リーダーに必要な精神と、フォロワーに必要な精神は違います。


自分のステージ、ポジションが変化する事に、
自分の価値観、考え方、観念を柔軟に変化させていく必要がある。

これは、すごく大きな学びです。


まぁ、最終的には「何にもこだわらない心」になると思いますが。


やはり、「仕組み、法則、メカニズム」を知り、
時と場合によって、臨機応変に使い分けていく。

これこそが、人生最大のコツだなぁと思います。



で、ヨガの話ですが、

先週の土曜に体験させてもらって、
この金曜に、引き寄せられる様にまた行ってしまいました(笑)


先生に、第一声「思ったより早かったね」と、

また来る事がさも当然の様に言われてしまいました(笑)


で、カルマの法則は知ってるよね? と言われましたが、

私もいつも言っている、
「与えたモノは必ず返ってくる」という宇宙の法則。

これは、ヨガでも基本的な部分みたいです。


自分の与えた徳以上のものを現実で手に入れると、
その反動で必ず失墜していく。


で、カルマの返りが遅くなると、
ネガティブな行為をしても気づきにくくなり、

どんどんネガティブなエネルギーが溜まっていく。


というお話でした。

なるほど! とより深く、この法則が理解できました。


芸能人や起業家でも、

短期間で一気に上り詰めた人が、
その後落ちるのが早いのはそういう事か!

と。


自分が与えた分以上を受け取ると、必ずその反動を食らうのです。


ですから、一番良いのは、カルマの返りを早くする事。

特に、ネガティブなエネルギーを溜めない事が
大事なんだと気づきました。


以前の記事で、
定期的にネガティブな事が起こるぐらいが丁度良いと言いましたが、

それが確信になりました。


ネガティブなエネルギーを溜めて溜めて、一気にボロボロになるよりも、
ちょっとずつ出した方が心的負担は少ないですから(笑)


それと、人生では常に与え続ける姿勢が大事だ
という事も深く理解できました。

与えるのを止めた途端、
自分の徳が増える方向から減る方向に向かいます。


ですから、やはり安易な儲け話で、
ラクして儲けようなんて思わない方が良いのです。


ちゃんとお客様にその分の対価、価値を提供しているなら、
効率を良くしてラクをして稼ぐ、儲けるのは良い事です。

それは、価値を効率的に生み出すという事だから。


でも、価値を生まない儲け話、
他人の犠牲の上に成り立つ儲け話、
自分が価値を与えずに利益を受け取る儲け話、

そういうのは、例え一時的に儲かったとしても、

自分の徳を引き出してしまえば、それ以降は苦しい人生になります。


宝くじに当たった人が不幸になるのは、
その人の徳を完全に引き出しきってしまうからだ。

と仰っていました。

なるほど、そういう見方もあるのですね。



やはり、宇宙は必ずバランスを取るのです。


そして、自分の人生で一番やってはいけないのは、

「与える姿勢を失う事」だと強く感じました。


結局、与えたモノが返ってくるのだから、

自分の人生を幸せに、豊かにしようと思うのなら、

出し惜しみしていても仕方ありません。


私が今幸せなのは、

どんなに自分が苦しくても、
他人から奪う事を絶対にしてこなかった。

どんなに自分が苦しくても、
出し惜しみせず、与え続ける姿勢を貫いてきたからだと思います。


自分が与えられるモノは全て与え尽くす。

結局、そういう人間が最も幸せになっていくのですね。



ですが、気をつけなければならない事があります。

それが、「他人に甘くする事」です。


「甘やかす」とは、つまり「与える姿勢の無い人に与える事」です。

他人に甘くすると、その相手はマイナスのカルマを背負います。


「愛を与える事」と「甘やかす事」の違いを
明確に見極めるのはかなり難しいのですが、

私の場合は、「この人には与えても良い」
「この人には与えない方が良い」と言う事を直感で判断しています。

その人の日頃の姿勢が一番大きいかも知れませんね。


「この人に与えるのは楽しい」と私が感じていれば、

私もポジティブな感情を受け取っているわけですから、

立場はフィフティ・フィフティで、
相手を甘やかす事にならないのかもしれません。


私が世話を焼いたり、与えて楽しいと感じるのは、
自分が相手を好きな場合です。

例えば、

素直であるとか、教えた事をすぐ実行して自分に報告してくれるとか、
喜び上手であったり、ちゃんと感謝を表現する人です。

自分の存在を心から喜んでくれる人には、
いくらでも世話を焼きたくなるし、与えたくなります。

それは、自分にとってもすごく嬉しい事です。


でも、そうでない人にいくら与えたところで、

結局、その人の人生は幸せにも豊かにもなりません。

そういう人に与えても、一時的な事です。


魚そのものを与えるよりも、
魚の釣り方を教えて上げる方が良いのです。

それは、「与えたモノを受け取る」という、
この絶対の法則を教えて上げる事。

「与える事が大事だよ」と教えて上げる事ですね。


甘くするよりも、「感謝」と「与える姿勢を持つ事」の重要性
を教えて上げる方が、よほど相手の為になります。


結局、その人の本質的な姿勢が変わらない限りは、
他人が他人を幸せにする事はできないんですね。


とにかく、まずは本人が自分の幸せを望む事。

そして、何よりも正しい教育ですね。


その2つの条件が揃って、初めて人は幸せになれると思います。


今まで自分が学び、体得してきた事でも、
違う体系から見てみると、より深く理解できます。


他にも、

体内に流れる、陰、陽、調和の3つのエネルギー、
物質、振動、光の次元の話、三大煩悩の話、
7つのチャクラと連動する7つの感情、7つの判断力…
限られた性(生命)エネルギーをどう使っていくのか?
対面した人と感応してしまう話(普段付き合う人って本当に大事ですよ)
社会の裏側の話、

面白い事をいっぱい聞いてきました(笑)

それに、他にも感じた事が山ほどあります。



本当に学ぶ事って楽しいですよね。


最近教える割合の方が多いですけど、

対面で先生に教えてもらうのって
久々ですけどめちゃくちゃ楽しいです。

童心に返ります(笑)


とにかく、ヨガを学ぶ事によって、

また自分がめちゃくちゃ進化できそうです(笑)


自分の引き寄せパワーに自分で驚きますね(笑)

私は最高の先生を引き寄せるパワーが
ものすごく強いと思います。

良いメンターや良い本と、ベストなタイミングで出会いますし、
その人が本物だと見抜ける自分の感性も確かです。


私には、あらゆるジャンルで最高の先生がいます。

その分、ひどい上司・先輩ともたくさん修行しましたけど(笑)


メンターからの学びはほとんど本からですけど、
私の場合、文章を操りますから、それがまた良いのです。

自分が学んだ分、
またいろんな人に与えて、与えて、与えていきたいと思います。



mixiチェック

haxe501 at 00:00│clip!個人的な事