2010年09月30日

受取手のレベル

どうやったら人は幸せになるか?

と言う事を考えると、

人の成長には段階があって、
それぞれ必要な情報が違うんですね。

今私が学んでいることを、
数年前に見たとしても、ぜんぜん理解できないわけです。


精神性の向上・自己成長においても、
初歩的なことからハイレベルな事までありますが、

初歩的な事を学ぶ時期は、初歩的な情報が必要なのです。


それで、

初歩的な事を学ぶべき人と、
ハイレベルな事を学ぶべき人と、

同じ環境に入れて同じ話を聞いても、
役に立ったり立たなかったりします。


まず、自分のレベルが低いと、

レベルが高い人のすごさがわからない、
話しているレベルの高さがわからない、

結局役に立たないわけですね。


私としては、私が今学んでいる事を伝えたいので、

正直、初歩的な事を何回も言うのは面倒です(笑)


なので、「幸せになる本」という
無料の電子書籍を用意してるので、

まず、それを読んで頂きたいですね(笑)


で、効果的に学ぶにはどうすれば良いか?

と言う事についても、私はめっちゃ研究しているわけですが、


ひとつは、学ばせていただく相手を「信頼」している事が大事です。

師匠を信頼していない人は、伸びません。

我が強い人は、教えてもらったことを選別しているからです。

その分野において、師匠よりも自分の考えにこだわっているのです。


例えば、剣道を学ぶにしても、

8段の人から教えてもらっているのに、
「先生! そのやり方は僕には合いません!」

なんて言ってたら、成長するわけがないんです。


まず、師匠を信じてやってみて、
それでも自分に合わない部分は受け入れなければ良いのです。

それが、素直という事です。


自分で考えず、言われたことをロボットの様にやり続けたり、

ただ返事が良いだけの人は素直じゃないんですよ(笑)


で、話は戻りますが、

全ての人に成長段階があるのです。


その成長段階の人に応じた情報を提供できればと思います。

その為には、やっぱり「教材」がいいですね。

初級用の教材、
中級用の教材、
上級用の教材、

それらを用意して、自分のレベルに応じて学んでもらう。

塾に来る時間が無い人や、遠方の人にも対応できます。


そして、将来的には、
塾も初級、上級とかに分ければ良いかなと思います。

上級は自分がやって、
初級は今の受講生達にやってもらうとか(笑)


今、塾の講義はかなりハイレベルになってきています。

今後、いくらわかりやすく伝えても、
エネルギーが高い人じゃないと受け取れない可能性もあります。


初歩的な事を伝えるサービスを
開発する必要があるかもしれませんね。

いろんなレベルの人に対応するのは難しいですが、
頑張ります(笑)



mixiチェック

haxe501 at 00:00│clip!幸せに生きる