2010年09月26日

自己投資 と 対価の法則

先日の「対価の法則」について、もう少し書きたいと思います。

とある、陰陽師の方のブログに、

・ただで得る知識は結局、何の役にも立たない
・無料で得た知識は必ず、どこかで、その代償を支払わされます

と書いてありました。

ホントにその通りだと思います。


私は昔から、本は新品で買ってきました。

自己投資の教材やなんかも、中古で買ったことはありません。

売ったことはありますけど、
買うのと意味は一緒なので、ちょっと後悔ですね(^^;)


中古で買うと、

・学ばせて頂く著者に印税が支払われない
・もともと他人の所有物だと思うと読む気が失せる
・そもそも人の使い古しがイヤだ

という気持ちがあったからです。


さらに、今では

・セルフイメージが下がる
・対価の法則があるので、ケチな事はしない方がいい

という事もわかっていますからね。


私は読みたい本があったら、借りたりしません。

必ず新品を買います。

借りたら、返さなければなりませんが、
私は本に赤線を引いたり、何回も読み返しますからね。

借り物は汚さないようにとか気も遣いますし(笑)

そして、一度借りて読んでしまった本は、
自分で「新品を買いたくなくなる」というのも大きな理由ですね。

なので、よほど理由が無い限り、私はあまり本を他人に貸しません。

それが、相手の為なのです。


それで、「Grow Heart School」の受講生の共通点は、

・常に感謝を表現している
・学んだ事を他の誰かに教えている
・私の事を他人にクチコミしてくれている

と言う事です。

ホントいい人達ですね(笑)


そうやって、無意識的に自然と、
自分の中でエネルギーが滞らない様にしているのです。


おそらく、
私が流すエネルギー(情報・愛情)は高度かつ大量なので、

受け取る器が小さい人や、エネルギーを他に流せない人は、
受け取りきれないんですね。


そういう人に、私がエネルギーを流しても、
その人は支払うべき代償を必ず支払わなければならないので、

結局、本当の意味で幸せにはできないんですね。

まぁ、結局はプラマイゼロですから、
悪いことをしているわけじゃないんですけど…。


ですから、
私は「来るもの拒まず、去る者追わず」のスタイルなのです。

受け取れる器のある人だけが受け取ればいい。

そうでない人にお節介を焼いても、
その人を幸せにする事はできないのです。


今まで、「受け取れない人」にお節介を焼きまくって来て、
結局幸せにできませんでしたからね(笑)

むしろ、私が与えた分の帳尻を合わす為に、
どこかで何かを支払わなければなりませんから、

ちょっと申し訳ない気もします(^^;)


「与えた分しか受け取れない」

これが宇宙の法則であり、真理です。


バシャールも、宇宙の最も基本的な根本の法則は、

「与えたモノを受け取る」と言っています。

要するに、必ずどこかでバランスを取るようにできているのです。


じゃあどうすれば良いのかって、

やはり、「常に誠実であれ」と言う事だと思います。


・奪ったら「奪われる」
・支払わなかったら「奪われる」

・「与える」から受け取れる
・「支払う」から受け取れる
・「感謝する」から受け取れる

・受け取ったら「与える」
・受け取ったら「支払う」
・受け取ったら「感謝する」


この事を忘れない事ですね。


もちろん、自己投資はピンキリですから、
値段が高ければ良いと言うモノではありませんが…。

今の受講生の方達に大金は請求できませんけど、
違うカタチで将来、出世払いしてくれる事に期待です(笑)

…というのは半分冗談ですけど、

私自身も、もっと受け取れる器を大きくして、

現在のお客さんも、そうでない人も、
私の流すエネルギーで暴発しないように気をつけたいと思います。


「我」を無くせば、素直に受け取れるし、
自分の持てるモノも惜しみなく与えられるのです。


私の受け取る器がまだまだ小さいのも、
結局は「我」なんですよね。

他人の世話になりたくないとか、
他人に貸しをつくりたくないとかいう「我」です。

だからこそ、今から
もっと人のお世話になって生きていこうと思っているのですが…。


結局、幸せになれるかどうかは、
本人の実力に寄るところが大きいと言う事ですね。


他人に与えられるのはキッカケだけ。

成長して幸せになったら本人の実力です。



mixiチェック

haxe501 at 00:51│clip!幸せに生きる