2010年07月04日

専門家としてのプライド

私が多大な影響を受けた人は、
斎藤一人さん、本田健さん、バシャール、小林正観さんです。

それで、心理の仕事をやっていく上で、
ずっと自分のブレーキになっている事がありました。

一人さんの本業は、銀座まるかんです。

サプリメントや化粧品のメーカーです。

で、一人さんは、自分は商人だから、
講演や本を書いているのは本業じゃないと言われているんですね。


あんなに素晴らしい本をたくさん出されているのに、
本業じゃ無いって(笑)

でも、私は本業なんですよ(笑)


本業でやってる自分が、
本業じゃない人に負けるわけにはいかないよなぁ…。

って生意気にもずっと思っていました。


だから、心理の仕事をしようかどうかと言う時に、
しばらく自信が持てずにいました。


お客さんが自分のセミナーにお金払ってくるよりも、
一人さんの本の方がレベルが上だったらやる意味が無いなと。

それだったら、「一人さんの本を買って下さい」で終わります。


一人さんの本を超えるモノを持って帰ってもらいたい。

それが自分の基準なんですね。


軽視している人もいると思いますが、
本って驚くべき費用対効果のある自己投資です。

高額セミナーに10万円払うなら、
そのお金で良い本を50冊買った方が絶対良いですからね。

間違いなく。


本をたくさん読んだ上で、さらにレベルアップしたい人や、
人脈が目的であったり、お金に余裕のある人は、

その人の価値観に基づいて
高額セミナーにも行けば良いと思いますけどね。

いきなり高額セミナーに行っても、
受け取る器が小さかったら受け取れませんから(笑)


でも、私は本の費用対効果を超えたい。

常にそこが基準です。

そうじゃなかったら、本買って下さいで終了です。

お客さんから5000円取るなら、
5000円分の本を買うよりも価値あるモノを提供したいのです。

それが私の意地の張りどころです(笑)


それで、私は「本質を論理的にわかりやすく伝える」
という部分においては、

誰にも負けないくらいの自信を手に入れました。

そして、それによって多くの人を変えてきました。


このブログを高頻度で読まれている方も、
無意識的にかなりの影響を受けられていると思います。

無意識内で価値観の変容が起こっているでしょう。


なぜ私が自信満々かというと、本当に自信があるからです。

見栄を張って、自分を誇張しているわけではありません。

私は自分に正直ですから、
自信が無いときは本当に自信がなさそうですよ(笑)

わかりやすいぐらいに(笑)

むしろ、本当はなかなか自信が持てないタイプなんです。


でも、本当に真剣に考え抜き、人に伝えてきて、
成果を出してきた自信が自分を支えています。


仕事の能力というのは、
どれだけのプロ意識を持てるかにかかっていると思います。


別に批判をするつもりはありませんが、現象として、

プロ意識が低い人には、意識の低いお客さんが集まります。
プロ意識が高い人には、意識の高いお客さんが集まります。


私の自慢は、私の周りに集まっている人達です。

その質は、どこにも負けないであろうと自負しています。


結局、何が言いたいのかと言うと、

一人さんも言われていますが、
どんな仕事をするにしても、高いプロ意識を持ちましょう。


私はティッシュ配りの仕事をしている時でも、
どうすれば高確率で受け取ってもらえるか?

という事を追求していました。


プロとは成果を追求する人です。

それが、仕事で成功する人の最低限の心構えだと思います。



mixiチェック

haxe501 at 02:44│clip!個人的な事