2010年06月06日

組織とネットワーク

私は今まで、
さまざまな組織やコミュニティを見てきました。

・カリスマ教祖と信者の組織
・友達とのサークル感覚のコミュニティ
・夢だけを見ていて非現実的な人ばかりの組織
・うまくいっていないビジネスの集団
・さまざまなボランティア団体
・情熱を持ったトップとその夢に引き寄せられた人達の集団

いろいろあります。


いろいろ見ていくと、
コミュニティは大別すると2つに分かれます。


トップがスゴイ! そして、それについて行く人々の集まり

もしくは、

トップは形式的なもので、
横の繋がりを重視したフレンドリーな人々の集まり


でも、私の理想とするコミュニティはありませんでした。


ほとんど多くの組織がそうですが、
トップがカリスマの場合、

「トップのあの人がすごいから…」という理由で人は集まってきます。

そうすると、どうしても依存的な人が集まってきます。

そして、共依存の関係が出来上がってしまうのです。


もうひとつは、フレンドリーな集まり

これは、あまり向上心が無い人達の集団ですね。

娯楽目的で集まってきます。


どちらも、傾向としてセルフイメージの低い人が集まってきます。



私が理想とするコミュニティは、

以前も書きましたが、
「ルパン三世」とか「アイシールド21」みたいに、

各々が自立し、各々の個性が際立っていて、お互いに補い合い、
相乗効果を発揮して個人個人の幸せを追求していく集団です。


私の信条として、

日本を変えるとか、世界を変えるとかその前に、

みんなに「個人としての幸せ」を追求して欲しくて、
それが、最終的に自分以外の周りの為になっていくんだと、

そういう理念を持っています。


で、まぁそんなことを去年考えて、
今その輪がどんどん大きくなっています。


誰が最初に言い出したのか忘れましたが、

最近、私と仲間たちの集まりの事を、
「中井ファミリー」とか呼ばれています(笑)

マフィアかよ、と(笑)

自分としては、めちゃくちゃ違和感あるんですけど(笑)

まぁ、一応私が中心に動き回って集めた人脈ですけどね。


でも、自分がどこかの組織に所属するのが嫌いなもんだから、

みんなもそんな風に呼ばれるのはイヤじゃないかなぁ
と思います(笑)


その集まりは、

何らかの特定の目的を持った組織でもなければ、
私が代表というわけでもないですし、

別に何の義務も無いですし、登録も入会金も要らないですから、
ただ、来るもの拒まず去る者追わずの集まりです(笑)

だから、この集まりに名前を付けようが無いんですけどね(笑)

集まっている人も、
何らかの組織に所属していると言う感覚は無いでしょう(笑)


そして、この集まりに対する関わり方は本当に自由で、
楽しさ、出会い、ビジネス、自己成長、情報…、

いろいろな目的の人が集まってきます。


個人個人が、自分の幸せの為に、
自分が欲しいものを得る為に、関わります。


でも、集まってきている人は、それぞれ本当にスゴイ。

私には持っていない能力を持っている人がたくさんいます。

自分には到底できないような事をやってのけたりします。


私より

・行動力がある人
・慎重な人
・勉強ができる人
・特定の分野において深い知識がある人
・気遣いができる人
・優しい人
・日々感謝している人
・おもしろい人
・素直な人
・謙虚な人
・オシャレな人
・世の中の事を考えている人
・何らかの団体の代表や幹部たち


これだけいろんなジャンルのスペシャリストがいたら、
私は将来どうなっても安泰ですね(笑)


本当にすごい人が集まってきています。


だから、みんなといるのがとっても面白いですし、
みんなのことが大好きです。

お互いがお互いを尊敬しあえる関係なのです。


私は、一人一人を自分よりも優れた部分を持った人として、
尊敬しています。


斎藤一人さんは、

優れた殿様と言うのは、幹部の武将に対して、
「おまえすごいね」って褒めるんだ、と。

それが「トップの仕事」だと仰っています。


まぁ、褒めるだけじゃなくて

当然ながらトップに頼れる部分があるから、
人はついてくるんですけどね(笑)


私はトップでも何でもないと思いますが、
じゃあ逆に、みんなより私の方が優れている部分ってどこだろう?

って考えてみたら、いくつかありますね(笑)


私が、そんじょそこらの人には負けないよって
胸を張って言えるモノがいくつかあります。


それらがあるから、スゴイ人達が集まってくれるし、
きっとみんなが自分を好きでいてくれるのです。


それは…。


内緒です(笑)


私みたいに、

他人を分析するのが好きな人がいたら、
分析してみて下さい(笑)



mixiチェック

haxe501 at 00:00│clip!仕事