2010年05月27日

ホロスコープ

最近、星占いの勉強をしていて、
自分の生まれた時点のホロスコープを見てみました。

そうしたら、本当に良く当たってます(笑)


私は天秤座ですが、
「太陽」が天秤座の位置にあるので、天秤座なのです。

天秤座は、正義とか、全体のバランスを取る星座です。

自分を相手に合わせたり、妥協せずに深く考える性質もあります。

それ以外にも、星と星座があるので、
その関係性を読み取っていきます。


獅子座(8月)に「金星」
乙女座(9月)に「月・水星・火星」
天秤座(10月)に「太陽・冥王星」
蠍座(11月)に「土星」
射手座(12月)に「木星・天王星・海王星」

と言う配置です。

すごい偏ってますね(笑)

1月〜7月まで星が無いです(笑)


星座と星の組み合わせによって、
いろいろ読み解いていくのが星占いです。

ちなみに、

乙女座は「純真・現実的・潔癖症・清潔・細かい・完璧主義」
の傾向があるらしいです。

自分が一切妥協せず、徹底的に心理学を極めることになったのは、
どうやら乙女座に星が多いからみたいですね。

月には環境や家族の性質がありますが、
確かに、清潔感のあるモノや場所は好きです。

特に水星は「知性」を司りますから、

私が細かいところまで詰めて考えるのは、
乙女座と水星の組み合わせのせいでしょう。


火星は「戦い・怒り・情熱・勇気・チカラ」の性質です。

私が戦う事を決めたら、一切妥協しません(笑)

そして、緻密に戦略を練って、
姑息な手段は使わず、正々堂々とことん戦い抜きます。

それも乙女座と火星と水星の効果でしょう。


あと、射手座にも星が多いですが、

射手座は新しいモノが好きで、とても飽きっぽくて、
ルーティンワークが大嫌い(笑)

まさに自分だ(笑)


あと、蠍座の「土星」ですが、
土星は「試練・苦手なこと・限界・批判的・慎重」などの性質があり、

蠍座は「死・性・執念深い・嫉妬・独占欲・ミステリアス」
などの性質があります。

ダブルでネガティブっぽい(笑)


自分の試練は、「死・性・嫉妬」に関する事なのでしょう。

相続問題でもめないようにしないと(笑)


死と言えば、
中学の時に自殺願望で死にかけましたし、

性と言う事は異性関係でしょうか?

そう言えば、中学の時から異性関係は試練ばっかりでしたね(笑)

さすが試練(笑)


あと、獅子座の「金星」ですが、

金星は「恋愛・美しいもの・愛情・金銭・創作・喜び」の性質があり、

獅子座は「王・女王・豪華・堂々としている・人々からの賞賛」
などの性質があります。

豪華であったり、カリスマ的な存在を表しています。

獅子座に金星がある人は、
パートナーや恋愛に対する理想が高い様ですね。


ホロスコープを読み解いていくのは、
動物占いとはまた違った面白さがあります。

来月は、神戸で石井ゆかりさんの
ホロスコープ講座があるので行ってきます。


何せ、自分は体系的なモノを理解したり、
自分が何かを体系化するのが大好きなのです。

特に、心理や人の個性に関係あることについては特に。


未知のものがある限り、それを学び続けます。

それが楽しくて仕方ありません。


と言う事で、

みなさんも自分の生まれた時のホロスコープを
見てみてはいかがでしょうか?



mixiチェック

haxe501 at 00:00│clip!個人的な事