2010年04月22日

100% 信じること

最近、私が本当に大切だと思うのは、

信じる事。 100%信じ切る事。 信頼する事です。

何に対してか?

それは、「自分」と「自分の人生」に対してです。


「情報が正確かどうか」という次元の話ではないので、
勘違いしないで下さいね。


他人に不信感を持つ時、将来が不安になる時、
自分の身に悪いことが起こるんじゃないかと怖くなる時、

そういう時は、

実は、"自分自身に対して"不信感を持っているのです。


これにも「連動の法則」が当てはまります。

他人を疑っている時、自分を疑っています。
自分を疑っている時、他人を疑うのです。


他人が信じられない、素直になれない。

これは、自分自身を信じていない状態なのです。


よく、仕事で成功している人は、「素直さ」が大切だと言います。

他人の言うことに素直に耳を傾けろ。
良い事聞いたら、すぐ素直に行動しろ。

と言われますよね。


じゃあ素直ってどういう状態かというと、
「自分の事を信頼している状態」なのです。


「自分の判断」や「自分の人生」を疑っているから、怖くなるんですね。

「この人は利己的で、自分の利益の為に言っている」
「相手は私の為に言ってくれてるわけじゃない」
「もしかしたら騙されるかも知れない」
「この人は、私を傷つけるかもしれない」

と言う恐怖、

もしくは、

「この人は私と違うからそんな事が言えるんだ」

という、自分自身に対する不信感が、

他人のアドバイスを素直に聞けない原因です。


素直じゃない人は、恐怖に怯えていて、
物事を中立に見ることができないのです。

「自分以外の人間は、自分を傷つけるかもしれない」
「自分は何をやってもダメな人間なんだろう」

そんな、見えない恐怖に怯えています。


もし、自分自身を信頼しているなら、

「とりあえず受け入れてみて、最終的には自分で判断しよう」
と思えるのです。

これが本物の素直さです。


そして、自分の判断に自信を持っているからこそ、
情報を素直にインプットする事ができるのです。


「騙されるかも知れない」
「自分は間違った判断を下すかも知れない」
「自分の考えを否定されるかも知れない」
「自分のやってる事を否定されるかもしれない」
「自分には難しい」

と言う恐怖が、素直になれない原因です。


素直とは、物事を中立に見るチカラです。

それは、無闇に疑うでもなく、無闇に盲信するでもなく、
ただただ、中立なのです。


逆に、素直でないと言うことは、偏見を持っていると言う事です。

何故偏見を持ってしまうかというと、それは恐れているからです。


恐れているから、自分では判断できないと思って、
自分の判断を手放して、全て他人任せにして盲信するか、

逆に疑いまくって、
自分を傷つける可能性のあるもの全てを遠ざけてしまうか、です。

どちらも、結局は「自分の判断」に自信が無いんですよね。


でも、師匠や上司の言うことをとにかく信じて従うことが、
素直って事じゃないですか?

と言う人もいるかも知れませんね。


じゃあ盲信している人に、
「こういう考え方もありますよね?」

と、相手と違う考え方を提示してみて下さい。

不機嫌になるか、怒り出すから(笑)


盲信だろうが、疑いだろうが、

結局、今自分が信じているもの、
やっている事を否定される事を極度に恐れているのです。

恐れているから、
自分と違う価値観のモノを排斥したがるのです。


素直な人が信じている事は、

自己責任の下で信じているのですから、
結局は自分で自分の判断を信じているのと同じです。

「自分は中立なモノの見方ができる」
「自分が信じるモノは、自己責任で判断している」

と言う自信がある人が、素直になれるのです。


そして、素直な人は、今の自分に固執などしていないので、
成長するスピードも速くなると言うワケです。


わかりますかね?(笑)


じゃあ、どうすれば自信を持てるのか?


否定的な観念(思い込み)、特に「完璧主義」を解除すること
自分の人生や現象に対して肯定的な解釈をすること
体験を積み上げること

いつも通りの結論です(笑)


恐怖が生まれても、それは確かな根拠があるわけではない。
と言う事に気づいて下さい。

普通の人は、悪いことが起こると、
他人のせいにするか、自分が悪かったのではないかと
勝手に意味をつけてしまいます。

そして、同じような状況がまた来た時に、
その自分の付けた意味(解釈)が思考パターンを形成し、
さらに観念(思い込み)を強化してしまうのです。


わかりやすく例をあげましょう(笑)


異性にふられた。
(現象)

と言う事は、きっと自分には魅力が無いんだろう…。
(意味付け → 思考パターン化)

また好きな人ができた。
(前回と似た現象)

でも、自分には魅力がないからきっとダメだろう。
(自分には魅力が無いと言う「思い込み」の強化)

結果、自分への自信のなさが、さらに自分の魅力を下げている。
(思い込みが現実に影響する)


と言う事を、普通の人は繰り返しているのです。

まさにネガティブ・スパイラル(笑)


そこで、「意味づけ」と「思い込み」を
ポジティブにしてみると、

・この人よりもっと良い人が現れるハズだ
・自分の魅力に気づかないなんてバカね(笑)

と言うポジティブな意味づけをしてみたり、


ふられたからと言って、
自分に魅力が無いなんて言うのは、ただの思い込みだ。

誰もそんな事言っていない。 自分が勝手に思っているだけだ。

と、「自分が勝手にネガティブな思い込みをしている」
と言う事に気づいて下さい。


もちろん、こういう解釈(意味づけ)や観念(思い込み)は、
ネガティブ感情を心に抱えたままはできませんから、

先に感情を解放してから行って下さい。


ネガティブ・スパイラルの次に、
ポジティブ・スパイラルの例をあげましょう。


今まで人生いろいろな失敗してきたけど、
振り返ってみたら、どんな経験も全部今の自分に役立ってるよな。

と言う事は、

これからどんな事が起こっても、
きっと長い目でみれば自分の役に立つ事なんだ。

と言う事は、

自分の人生で一時的に悲しいことが起こっても、
たいした問題じゃないな。

長い目で見れば、自分の人生には良い事しか起こらないんだから。


と言う、前向きな姿勢で物事に取り組めば、
当然良い結果も出やすいというワケです。


これがポジティブ・スパイラル思考です(笑)


何も恐れていないから、様々な事を中立に捉え、
しかも肯定的に解釈する事ができるのです。


自分自身や、自分の人生を信頼したければ、

過去のネガティブ感情を解放し、
過去の全ての経験を肯定的に解釈して下さい。

それができれば、自分の人生を信頼する事ができます。


そして、様々な経験を積めば積むほど、
自分に自信が持てるようになります。


どんな観点から話しても、

メンタルブロック(トラウマ・思い込み)解除
ポジティブ思考
セルフイメージ向上

なんですよね(笑)


過去を肯定し、今を肯定し、未来も肯定すれば、
何も恐れることがありません。

後は、楽観的に今に集中するだけです。

今に集中している時は、心に不安や恐怖は存在しません。

恐れると、ストレスだし、
ネガティブな結果が生まれやすくなります。

恐れないから、よりよい結果が生み出されるのです。


もう既に、自己実現している人間として生活・行動してみて下さい。

自己実現している人間に、一切の不安はありません。

そういう行動をしようと思った時に、
自分のメンタルブロックを発見し、解除することができます。

そして、そういう行動自体が、理想の未来を強く引き寄せるのです。



mixiチェック

haxe501 at 00:00│clip!幸せに生きる