2010年04月01日

与まくる者が幸せに成功する

私たちはいつも試されています。

「目先のお金や利益」を拾うか、
「短期的には損をしても、自分の成長、信頼、評判」を取るか?

私はいつも後者を選んできました。

すると、自分の「我欲・エゴ」を捨てることができ、
人間力とセルフイメージがアップし、周りの評判も上がるのです。


目先の小銭を拾ったり、人脈を囲っても、

お金なんてすぐに無くなるし、
関東や海外など、遠くに引っ越してしまえば、
今の人脈なんて関係なくなります。


幸せに成功したかったら、

セルフイメージを上げる事しか関係ない。
自分の成長しか関係ないのです。

その為に、自分の「我(エゴ)」を消し去り、
見返りを求めず、徹底的に、出し惜しみせずに与え続けるのです。


今手に入っている人脈・情報・ビジネスチャンスなんて、
どうせ一生続くわけありません。

それよりも、自分の実力をアップさせることです。

自分さえ高めておけば、
どんな時代でも、どんな場所でも、どんな環境でも通用するのです。


短期的な視点で、自己成長より目先の利益を取ると、
「成長できない、信頼は損なわれる、評判を失う」

というワケです。

利己的になった事って、必ず誰かに噂されて伝わりますよ。


人は、「不満」と「感動」は
誰かに伝えないと気が済まない生き物ですからね(笑)

どうせなら、「感動」を伝えてもらいましょう。


短期的に損しようが、
「自分の評判や信頼」を気にした方がいいです。

本当に。


その為には、与えまくり、与え続ける事です。

与える「量」と「質」を高め続ける事です。


いくら正しい事を極めても、
人から好かれ、応援されないと大儀は果たせません。

人から好かれ、応援されるには、

自分の「我(エゴ)」を捨て去り、
他人の為に、素直に行動できる自分になる事です。


中村文昭さんの言われる行動哲学

・返事は0.2秒
・頼まれ事は試され事

というのは、
まさに「我(エゴ)」を捨てる修行です。


先日の中村文昭さんの講演会で
「幸せな人間は与えまくっている」

というお話をされていましたが、まさにその通りだと思います。


私はたくさんの人に出し惜しみせずに与えまくっていますが、
私に何かを与えようとしてくれる人はほんの一部です。

一部ですから、私から見ればその人達はすごく目立つわけです。

そういう人には、特別に何かしてあげたくなるし、
人生を応援したくなりますね。


他人の為に動ける自分になれば、絶対に成功します。

そういう自分になっていく事の方が、
「目先の利益」などよりも、よほど重要なのです。


私たちはいつも天から「自分の器」を試されています。

「目先のお金や利益」を拾うか、
「短期的には損をしても、自分の成長、信頼、評判」を取るか?

幸せに成功したければ、迷わず後者を選んで下さい。



mixiチェック

haxe501 at 00:00│clip!