2010年03月30日

インプットは質、アウトプットは量

インプットは「質」に、アウトプットは「量」にこだわるべきです。


簡単な話ですが、

質の低い話をいくらインプットしたところで、
あんまり自分の向上に役に立たないんですね。


私は、紀伊国屋梅田本店に良く行くのですが、(笑)

今はほとんどの自己啓発書やビジネス書を見ても、
興味も沸かないし、勉強にもなりません。


最近は、尊敬している著者の方の新刊が出たら買うぐらいで、
それ以外の本には見向きもしません(笑)


なぜなら、本質を理解しているから。

本質が理解できれば、表面的なノウハウなど必要なくなるのです。


ですから、インプットは質にこだわるべきなんですね。

質が高ければ、もちろん量も多い方が良いですが、
何よりも、質が高くなければ意味がないと言う事です。


ですから、いろんな人の話を聞くより、

分野ごとに何人か「この人!」 と決めて、

その人の話が同じ話でも、
何回も何回も繰り返して聞くことに価値があるのです。


ですから、私のセミナーは再受講者に対して安くしてあります。
何回でも聴きに来て下さい。



そして、アウトプットについてですが、
これは量にこだわるべきです。

何でもやりたての頃は下手くそですからね。

量をこなしていくしかないんです。

初めから上手くやろうと思うと、行動が止まってしまいます。


量をこなしていくうちに、勝手に上手くなりますから。



私が他の人と何が違うのかと聞かれたら、

間違いなく、「アウトプットの量」と答えるでしょう。


私は過去、携帯電話の販売をやっていて、
おそらく2000台くらい受付をしています。

それぐらい人に「説明(プレゼン)」しているのです。

しかも、自分は面倒臭がりなので、
どうすればもっと短時間でシンプルに解りやすく伝えられるか?

と言う事を意識しながらやっていました。


私の事を、プレゼンが上手い、説明が上手い、
と言って頂けるのは、

その経験があるからでしょう。


そして、もう一つアウトプットしているのは、
もちろんこの「ブログ」です。


これも3年半やってますから、
かなりの量をアウトプットしています。


どの世界でも、1万時間やると、
その世界では一流になるらしいです。


私はあんまり娯楽に興味が無くて、
時間をかけてこなかったから遊びは下手くそだと思いますが、


・わかりやすく説明すること
・心理や哲学について思考すること

こういった事はそこらへんの人には負けないですね(笑)


やってる量(時間)が違います。


他にも、

・興味を惹きつけるプレゼンテーション
・組織やシステムについて考える事

というのも好きだったり、日常やってますから、

他の人よりはうまいわけです。


結局、上達するには量をこなすしかないワケです。

ただ、闇雲にやってもダメですよ。


既に上手な人に教えてもらいながら…、

つまり、コーチや先輩に教えてもらったり、
その道の「プロ」が体系化した「ノウハウ」を勉強しながら、

「どうすればもっと上手くできるのか?」

というのを考えながら量をこなしていくのです。


それが、自分の実力をアップさせる秘訣です。



mixiチェック

haxe501 at 00:00│clip!毎日の行動指針