2010年02月15日

お金のメンタルブロック

多くの人が、なぜ豊かになれないか?

それは、お金のメンタルブロックが大きな原因だと思います。


私は昔、めっちゃくちゃお金のメンタルブロックがありました。

・お金の話をする人間は「強欲」で「イヤらしい」
・投資に興味がある人間も「強欲」で「イヤらしい」
・投資や投機でお金持ちになったヤツは社会に貢献していない
・お金の事を考えると、何故かイヤな感じがする
・お金を受け取る時に罪悪感を感じる

と言うようなカンジです。


結局、お金に無関心になる事で、
無意識に、お金に対するネガティブ感情を避けていました。


「お金に興味が無い」という人は、
絶対にお金のメンタルブロックがあります。


「お金」は、生きていくのに必要なものです。


という事は、
「私は食事に興味がないんですよね」
「生きていく最低限の食事さえあればいいんです」
「食事は必要だけど、食べたくないんです」

と言うぐらいおかしな事なはずなんです。


なので、「お金の話を嫌がる」と言うのは、
絶対にお金のメンタルブロックがあるのです。


私は昔、「お金の話がとっても嫌い」で
お金持ちには興味があるのに、

現金のやりとりの話になると、
すごくイヤな感情が沸いてくるのです。


お金を要求する時は、「言いづらい、もらいづらい」
お金を要求された時は、「お金の事ばっかり言うなよな〜」

と言うカンジ。


今はもう外れましたけどね。


「お金」は、「心理」と同じくらいおもしろい研究対象です。

必要なのに、嫌がるって本当に変ですよね。


それに、お金は生きていくのに必要なモノなのに、
ちゃんとした教育がなされていません。


戦争に行くのに、銃の扱い方を学べないまま、
戦場に放り出される様なものです。

自動車の運転を習っていないのに、
高速道路に放り出される様なものです。

それは、事故を起こして、自動車が嫌いになるでしょう。


お金は生きていくのに必要なものだし、
自分の幸せに直結するような存在です。

ですから、
四六時中お金の事を考えていても不思議ではないのに、

そういう人は、イヤらしい人だと思われてしまいます。


本田健さんが、
ほとんどの人は、お金の拒食症か、お金の過食症だと言っています。

お金の事を全く考えてない人か、

お金の事しか考えていなくて、
それ以外をおろそかにしている人です。


お金なんか無くてもなんとかなると思っている人と、
お金さえあれば、なんでもできると思っている人ですね。

どちらもバランスが悪いです。


最近、やっとお金のメンタルブロックが外れて、

お金の事を考えても、いやな気分がしなくなりましたし、
普通にお金の話ができるようになりました。

お金の拒食症の人も、お金の過食症の人も、
お金の事を重く捉えすぎている様な気がします。


お金の拒食症の人にお金の話をすると、
拒絶反応を起こして、嫌な顔をします。

お金の過食症の人にお金の話をすると、
お金さえあれば良いという、お金至上主義的な事を語ります。

お金を過小評価しているか、お金を過大評価しているかです。


お金が大好きで、よく稼ぐ旦那さんには、

バランスを取るかのように、
消費大好きな奥さんがいると良く聞きますね。


大切なのは、お金のメンタルブロックを外し、
お金に対してフラットな感情で向き合えるようになる事だと思います。


お金の話に拒絶反応を起こすわけでもなく、
お金さえあれば良いと言う偏った考えでもなく、


普通に、自分がしたい生活を実現するために、
収入を増やすにはどうすれば良いのかな?

その為に、自分は世の中にどんなサービスが提供できるかな?

と考えられれば良いのでは無いかと思います。


拒食症、過食症、どちらにしても、お金に感情を振り回されています。

どちらにしても、お金に対するメンタルブロックが存在します。


お金のメンタルブロックを外せば、
お金の事を冷静に考える事ができます。


お金のメンタルブロックを外した今、

お金に対するイメージは、
「仕事の対価」「人に喜ばれた証」というイメージです。

お金のメンタルブロックを外す事によって、

お金に対して本当にポジティブなイメージを
持つことができるようになりました。


この感覚は、外さないとわからないと思いますけどね。


そして、この「人に喜ばれた証」を
もっと欲しいと思うようになります。


私は物欲があんまりないので、
贅沢したいとは思いませんが、

「お金を稼ぐ」という事と、
「人に喜ばれるサービスを提供する」という事を、

直結したイメージで持てるようになりました。


お金を稼ごうと思ったら、

どうやれば人に喜ばれるサービスを提供できるかな?


という風に連想できるのです。


たぶん、それが普通の感覚なのですが、

生きてきた中で、様々な情報が、
私たちにお金のメンタルブロックを作っていきます。

・映画やドラマでお金持ちは悪いヤツ
・映画でお金を狙うのは大抵悪党
・両親がお金の事でケンカしていた
・友達とお金のやりとりでもめた
・お金を貸したのに返してくれなかった
・利己的な営業マンに押し売りされた
・詐欺にあってお金をだまし取られた

こんな事を経験していると、

どうしてもお金を欲しがることに
ネガティブイメージがついてしまいますね。

お金を欲しがるヤツは悪いヤツだという思い込み、
メンタルブロックが出来上がってしまいます。


逆に、お金の過食症の人は、

貧乏出身で、
お金さえあればみじめな思いをしなくても良いのに
というメンタルブロックがあったりします。

完全に、お金のパワーに心を奪われています。


お金のメンタルブロックは、
本当に早い内に外した方がいいですね。


お金のメンタルブロックは人によって種類が違うので、
希望されるなら、個別にお話しして外しますよ。


【心理コンサルティングお申し込み】
http://www.growheart.com/contact/index.html


「お金」と「心理」の関係は本当に面白い研究対象ですし、
多くの人々の幸せに貢献できますね。



mixiチェック

haxe501 at 01:24│clip!お金について