2009年12月27日

五行

私が活用している「マジカルインデクス」というサイトがあります。

http://www.magical-index.com


「動物占い(12種類)」と、
五行を元にした「箱人占い(10種類)」を組み合わせた、

60パターンの個性を見ることができます。


それで、チームワークを活かす場合に、
この「五行」の理解というのが非常に役立ちます。

五行は中国の思想で、

火、水、木、金、土 の5種類の属性を
万物の源(元素)と捉える考え方です。

一週間の曜日も、月と日(太陽)、
そして五行になっていますから、割と身近な存在です。


カンタンに言うと、

火は土を助け、(火は灰を生む)
土は金を助け、(土は金属・鉱物を生む)
金は水を助け、(金属・鉱物から水は湧き出す)
水は木を助け、(水は木を育てる)
木は火を助ける。(木は火の材料となる)

そして、

火は金を鍛え、(火は金属を溶かす)
金は木を鍛え、(金属・鉱物は木を切り倒す)
木は土を鍛え、(木は土の養分を吸い取る)
土は水を鍛え、(土は水を吸い取り、水を汚す)
水は火を鍛える。(水は火を消す)

と言う、じゃんけんみたいな相関性があります。


私の見た所、
「火」は 情熱的 で 一直線
「水」は 気遣い と 自己犠牲
「木」は マイペース で アイデアマン
「金」は 責任感が強く、キッチリしている
「土」は 常識的 で コツコツ型

という特徴のイメージがあります。


どうやら、私は「木」の属性らしいので、

「水」に助けられ、「火」を助ける。
「金」に鍛えられ、「土」を鍛える。

という性質の様です。


私の家族を見てみると、

父親が「水」、母親と兄は「金」、妹は「土」です。

優しい父親に助けられ、

キッチリしている母と兄には痛いところをつかれ(笑)

コツコツ型の妹には
「アイデアを出して効率が良い方法を探す事」を教えます。

コツコツ型の人は
アイデアを出すのが苦手で、効率を考えない人が多いので、

やっぱり相手の痛いところ、苦手なところを突いてるんですね(笑)


痛いところを突かれる(鍛えられる)というのは、

自分の至らない部分を認識させられて、
成長すると言う意味です。


私の知り合いに「火」の属性の人がいますが、
確かに私が「火」の人を助けています。


でも、「水」で仲の良い人が少ない事がわかりました。

私はあんまり助けを借りてないと言う事ですね。

成果を出すためには、うまく助けてもらうことも必要です。

これからは「水」の人を探します(笑)


こういう事を知っているだけで、
他人と自分の個性の違いがわかり、

お互いの足りない部分を補い合おうとする意識が働きます。



mixiチェック

haxe501 at 00:00│clip!