2009年12月22日

時代と価値観の変化

本質が見えてくると、
いろいろな世間の常識のおかしな点が見えてきます。

幸せに成功している人と話していると思いますが、
彼らは、常識に惑わされず、本質を見抜いています。


多くの人が、手段と目的を混同し、混乱していますが、
成功者は常に目的を認識し、手段にはこだわりません。

手段にこだわりだしてくると、ズレていきます。


この前相談があったのですが、

「不登校の人がどうすれば学校に行きますか?」
と質問されました。


そこで、私は、

「まず、学校に行くことが正しいと言う思い込みを手放しましょう」
と言いました。


目的は、その子が幸せになることですよね?

学校に行くことは、手段ですか?目的ですか?

手段ですよね。


その子にとって、学校に行くことが幸せに繋がるなら、
それを提案してあげれば良い。

別に学校に行くことと幸せが繋がらないなら、
別に無理に行く必要はないんじゃないですか?

と言いました。


元不登校児の意見を言わせて頂くと、
人生に無駄な経験など無いと思います。

不登校になったら、その時している経験や考えている事が、
後々の人生で役立つ事がたくさんあります。


実際、その子を見ていないので、
深い話はせず、基本的な接し方を教えてあげましたが、


多くの人が、手段を目的と捉え、
不必要なモノに対してエネルギーを注いでします。


○○という会社に就職する… それも手段です。
○○万円収入を上げる… それも手段です。

毎日マラソンする… 日記を書く… 本を読む…
学校に行く、受験勉強する、大学に受かる、
就職する、働く、お金を稼ぐ、独立起業する… 全部手段です。


目的は、たったひとつです。

それは、「自分が幸せになること」です。


自分が幸せでないのに、他人を幸せにすることはできません。

「自分が幸せになること」が全ての基本なのです。


手段にこだわりだすと、この目的がブレ始めます。

自分の幸せを犠牲にしてまで、手段にこだわりだすのです。


そういう人が本当に多い。



今、40代くらいの人の話を聞いて思うのは、

昔の価値観で、
「今我慢して、将来ラクしよう」という考えの人が多いですね。

今我慢している人は、将来も我慢しますし、
我慢しているウチは、自分も他人も幸せにする事ができません。


40歳、50歳になっても70歳、80歳の時の事を考えて生きるのです。
我慢している間に骨になってしまいます(笑)


人生は今の連続です。
今を楽しみつつ、将来をも楽しめる道が、幸せの道です。


ですから、楽しみながら自分が向上できる道、
楽しみながら、自分の才能を活かしてチームに貢献する道、

こういう道が、
21世紀の新しい価値観として求められていると思います。


20世紀は、何でもできる万能型が求められました。

21世紀は、何かひとつ飛び抜けた才能を持って、
それを活かして周りに役立つという人が求められていると思います。


古い価値観が染みついたこの世間に、
この新しい価値観を、広げていきたいと思います。


将来やりたいことが見つからない人は、

多くの人と出会い、
自分の中の生き方のデータベースの幅を広げることです。

世の中には、普通に社員として雇われて働く以外に、
無数の仕事、収入の得かたがあるのですから。

そして、全ての人が、その才能を活かし、周りに役立つ。


そんな生き方を、今の若い子達に価値観のひとつとして、
取り入れてもらえたらと思います。



mixiチェック

haxe501 at 00:16│clip!毎日の行動指針