2009年12月21日

良い情報は人づて

良い情報というのは、必ず人づてでしか入ってきません。

インターネットになんか、
良い情報、質の高い情報は転がっていません。

それは何故かと言うと、情報というモノの性質にあります。


情報というのは、

古くなるにつれ、
広まるにつれ、

価値を失っていくものだからです。


需要と供給を思い浮かべて頂ければ良いのですが、

何でも供給が多くなれば、価値は下がるのです。


ですから、本当に貴重な情報というのは、
貴重だからこそ価値があるのです。

インターネットという、
不特定多数の人間の目に触れるものに公開すると、

自分の持つ情報の価値を下げ、
自分の首を絞めることになります。

それに、伝える時に人を選ぶ場合もあります。

変な人に教えると、悪用される恐れのある場合や、
パーティなどは、変な人が入ってくると台無しになります。

ビジネスのパートナーを募集する時も、
変な人が入ってきてもらっては困ります。


ですから、私もたくさん貴重な情報を持っていますが、
インターネット上には公開していません。

グルメ情報やオススメ著者などは、
別に自分の首を絞めないので公開していますが…、

中井貴雄の"ちょっとだけ こだわっているBlog"


自分の商売に関係する貴重な情報は公開すると、
自分の首を絞める事になります。

インターネットに転がっている情報というのは、
公開している人間にメリットがある情報がほとんどです。

つまり、「何かを買わされる」とか「広告を見せられる」
と言うのがほとんどです。


私は、幸せになる心理学は、
誰にでも、無料ないし低価格で知る権利があると思っているので、

貴重な話でもブログで公開しまくってますから、
同業他者に恨まれてるかもしれませんが(笑)


情報を得る側も、
何らかの対価を払ってこそ、情報を自分のモノにできます。

つまり、お金や行動を支払う必要があります。

その方が定着率が高まりますからね。


私の心理コンサルティングを2時間受けると、
本当に人生変わると思います。

無料で教えてあげる事もありますが、
お金を払った方が、受ける方の吸収力が高まります。


私は、情報を得るために多くの対価を支払ってきました。

本、セミナー、交際費 etc…

だからこそ、私の脳には数々の情報が入っていて、
それを活かす事ができるのです。


結局大事なのは、人を大切にすることです。

人から運や情報、人脈、チャンス、お金がやってきます。

全ては人づてなのです。



mixiチェック

haxe501 at 20:41│clip!毎日の行動指針