2009年12月18日

チーム作りのコツ

最近、自分の役割というものが良くわかってきました。

私は、参謀やブレーンの役割、
つまり、サポート役が向いていると言う事です。

テレビゲームで言うと、
最前線で戦う「戦士」や「格闘家」タイプではなく、

後方から支援する「魔法使い」や「僧侶」タイプです。


つまり、一人では戦えないと言う事です(笑)

誰か最前線で戦う人がいて、初めて役に立つ役割ですね。


だからこそ、私にとっては人が大切で、

私は人の縁で生きているような人間です。


それで、最近は人との関わり合いの中で、

集団の雰囲気作り、チーム作りという事を
学ばさせて頂いているのですが、

大嶋啓介さんの、「てっぺん!の朝礼」と言う本を買いました。

そこに書いてあったのが、

やる気のない人間、中途半端な人間は必要無い。
本人にやる気があるのかないのかそれだけだ。

という事が書いてあり、

社員も募集しておらず、
「やりたい」と能動的に意志を持った人間のみ、
面接を行い、採用するらしいです。

確かにその通りですね。


やる気のない人間は、本人にとっても、
チームにとっても不利益しかありません。


何かのチームを編成する時に、

無理にこちらからやる気を出させようと仕向けたり、

モチベーションの低い人間をチームに組み込む必要は
無いのかもしれません。


リーダーに付いてくるのか来ないのか。

ただ、その結果だけを見て、
その結果だけを受け入れるだけで良いのかもしれません。


斎藤一人さんも、
いつでも自分一人でやる覚悟でやってきたと言っていました。


やる気のない人間にかまいだすと、
チーム全体のレベルが落ちてしまいます。


天から蜘蛛の糸が垂れてきた時に、
掴むのは自分です。


蜘蛛の糸の方から自分のカラダに巻き付いてきたりしません(笑)


結局、フットワークが軽いこと、決断ができること。

この2つがチャンスを掴む条件です。

チャンスを一度逃した人間は、その後も逃し続けるでしょう。
チャンスを一度掴んだ人間は、その後も掴み続けるでしょう。

それは、チャンスと言うモノの価値がわかっているかどうかです。
それは、おそらく日頃の行いや、その人の持つ運に左右されます。


チャンスは人づてにやってきます。

誰と信頼関係を結べばいいのか?

それを理解している、強運のチームができそうです。


あ、ちなみにチーム作りの一番のコツは、

リーダーのレベルがどれだけ高いか?
人が付いてくるだけの実力と人間性を兼ね備えているか?

それが一番重要です。



mixiチェック

haxe501 at 00:00│clip!仕事