2009年09月22日

未熟と未知

私の好きな言葉は、未熟です。

自分が未熟だからこそ、まだまだ成長できますし、
未熟だからこそ、自分を許すこともできます。

未熟だからこそ、失敗を受け入れる事ができます。


人生辛くなってしまう人は、未熟を嫌う人です。

つまり、完璧主義者ですね。


今の自分が完璧でありたいと思う人です。

そういう人は、成長できませんし、許すこともできません。


それは、前回にもお話ししましたが、
学校教育の洗脳と言えるでしょう。



もう一つ好きな言葉は、未知です。

まだ自分が体験していない経験をする直前の、
ドキドキとワクワクとスリルと不安が入り交じった感覚が、
とても好きです。

最近であれば、初めてセミナーをした時がそんな感じでした。

そして、私は近いうちに会社を作るので、
それも初めての経験なので、ドキドキと不安があります。


自分のステージがあがる時、人は同時に不安を感じます。

それは、未知の世界に飛び込む事だからです。

場合によっては、その不安にやられてしまって、
チャレンジを諦める人もいます。


でも、その不安に飛び込む事こそが、
自分のセルフイメージを向上させたり、
人間としての器を大きくするチャンスなのです。


それに、チャレンジしてダメだったら元のままです。


失敗しても、人生にとっては大概プラスになります。
マイナスになる事はありません。

気分はマイナスになるかもしれませんが(笑)


その経験は、必ず今後の人生に役立つ事でしょう。


私にとって、完成とは終わりを意味します。


自分が未熟で、未知に踏み込んで行く限り、
人生の物語は続いていくのです。


もし、未熟も未知もなくなってしまえば、
私は生きる意味がほとんど無くなってしまいます。


世界はとても大きいです。

どんなに自分が向上し、チャレンジしても、
まだまだ上には上がいるし、ステージはたくさん用意されています。


世界の素晴らしい人との出会い、歴史上の偉人の伝記を読むと、
まだまだ未熟も未知も感じることができます。


みなさんも、
迷ったら常にチャレンジを選択してはいかがでしょう?


死ぬ時に一番後悔することは、
チャレンジしなかった事らしいですから。


mixiチェック

haxe501 at 23:53│clip!幸せに生きる