2009年08月13日

儲けると言うこと

幸せに必要なベース要素、
心、経済、健康、それらについて学び、得ていくことが、
私は大切だと思っています。

そして、世の中の多くの人が、
お金の苦しみから解放されれば良いと思っています。

そのために、みんなもっと儲けなきゃいけないと思います。

一発屋ではなく、リピートが起こり、
利益が出る価格で儲け続けられると言うことは、
即ち、人に喜ばれていると言うことです。

そういう商売を目指さないといけないなぁと思います。


逆に、お客さんを確保するために、
値段を下げると言うことは、
提供するサービスや商品の質を上げようとするのを放棄することです。

価格を下げずに、質を上げるべきです。

お客さんだって、今山ほど情報が氾濫しているのに、
安くて中途半端な品質のものより、多少値が張っても、
自分を心から満足させてくれるものを求めているのです。


価格を下げることより、
徹底的に質を向上させる事にこだわるべきです。


1万円で買ってくれないなら、
1万円でお客さんが満足してくれるまで質を高めるのです。

値段を下げてはいけません。



話は変わりますが、私は教育が仕事です。

教育というのは、一番対費用効果が高い買い物だと思っています。

なぜなら、知識は一度学べば消えないし、死ぬまで使えるからです。

12,000円の靴を2年間使うと、1ヶ月あたり500円です。

12,000円で心理学を学べば、残りの人生使えるのです。
50年生きれば、1ヶ月たったの20円です。

2年間使える靴(月単価500円)と、
50年使える心理学(月単価20円)と、
どっちが価値があるでしょう?

心理学を月単価500円にするには、25倍です。
30万円払って、やっと12,000円の靴と月単価が並びます(笑)

12,000円払って欲しいものを買うのと、
30万円払って、心理学を学ぶのと、

使用頻度による金額が同じだとしたら、
あなたはどちらを選びますか?

だから、教育はほかの買い物より明らかに安いのです。


ほかにも、毎月の収入を2万円増やす方法を教えますけど
今10万円払えますか?

と聞かれたらあなたはどうしますか?

5ヶ月で元が取れるとしたら、10万円なんて激安なのです。


お金持ちは、みなそういう計算をしているのです。

こういう計算ができるから、
お金持ちは教育に多額のお金をかけるのです。


質の高い教育が、
一番安い買い物であることをわかっているのです。


日本人は、目に見えないものにお金を払いたがりませんが、
その常識は本当にくだらないです。

教育を受けたとしても、資格や修了書、
卒業証書などの目に見える肩書きなどを欲しがります。

そんなものに価値はあまりありません。


私が作った心理学体系は、
すべて「翌日から即使える」事を目指して作ってますので、
即効果が出ます。

ぜひ、多くの人に私が開発した心理学を伝えたいと思います。

人生が変わる威力を持っていると自負しています。


ぜひ、自分に対する教育費をたくさん使って欲しいと思います。



mixiチェック

haxe501 at 04:39│clip!毎日の行動指針