2009年07月27日

影響を与える人間

最近、やっと多くの人に良い影響を与えられる人間に、
なる準備が整ってきたのかなと思います。

いろいろありましたけど、
やっぱり、なると決めて歩いていたら、なる日が来るんですね。

歩いているときは、地平線ばかりで、
なにも見えていませんでしたが、
着実に一歩一歩目的地には近づいているのですね。

一歩ずつ歩いていれば、
遠いところでもやがて行きたいところまでたどり着けるんだ
って本当に思います。

三蔵法師も、中国からインドまで
歩いてたどり着いたのですから…。


しかし、光が当たれば影ができるのが世の中ですから、
いよいよ気が抜けないなって思います。


外面が変化することによって気をつけなければならないのが、

・決して傲慢にならないこと

・大人の世界では誰も叱ってくれないので、
 自分自身を律する厳しさを持つこと

・自分を取り巻く人たちに感謝の気持ちを伝えていくこと

・不安・失敗・批判などのネガティブな感情や現象を
 スムーズに解決していくこと


一番重要なのは、常に謙虚さを持ち続けることだと思います。

人間にとって、謙虚さを失うことほど愚かな事は無いと思います。


今、学生の子たちと付き合いがありますが、
やはり、みんな謙虚です。

だから、応援したくなるんですね。


しかし、人間は歳を重ねるごとに謙虚さを失ってしまいがちです。

謙虚さを失うと、
新しい考え方や情報を受け入れられなくなっていきます。


そうなると、成長が止まってしまうのです。


道徳的に、謙虚や感謝は重要だと教えられますが、
なぜ重要かはなかなか教えられる人間はいないと思います。


人間は、腑に落ちれば取り入れるのです。


私は謙虚と感謝の重要性が腑に落ちているので、
かなりツイテルと思います。


私はただ良いことを言うのではなくて、
なぜ良いことをしたら自分の人生にプラスになるのか?

と言うことを分かりやすく伝え、腑に落とすのが得意です。

私の言うことは当たり前だと思うし、
聞いたことがあると思います。

しかし、みんな腑に落ちていないので、実行しないのです。


ですから、私はどんどん周りの人たちに腑に落として
幸せの実践者を量産していきます。



mixiチェック

haxe501 at 04:23│clip!個人的な事