2009年02月15日

本を読み続ける理由

私は、めちゃくちゃ多くの本を読んでいますが、

本が好きなのか? 
と聞かれると、

厳密に言うと違うんですね。

だって、小説はあまり読みませんから。


目的意識を持って情報を得る為に読むのであって、
読む事自体は別に好きでも嫌いでもありません。

本を読んだ結果がスゴイ事だと知っているので、
本を読んでいるという感じです。

でも、本代の1500円が高いと言う人がいるのも知っているし、
面倒くさい、本は嫌いだという人がいるのも知っています。

でも、その人は表面上の事しか捉えられていなくて、
結果やすごさがわかっていないのだと思います。

しんどそうとか、面倒くさそうとか、
表面的な事しか見えていません。

でも、スゴさや結果がわかっているから、
面倒くさい事も続けられるし、
モチベーションも維持できるのだと思います。


別に本を読んですごい事にならないんだったら、
私は別に本読みませんしね。

金を掘る人も、
別に穴を掘る事自体が好きじゃないでしょう(笑)


それも、全部連想です。

人間の行動はすべて連想に支配されています。

私は、本を読む事と、新しい発見、自分の成長、
結果的に幸せになると言う事が連想されていますが、

他の人は、面倒くさい、高い、しんどいという
イメージを連想しています。


連想が変わる時は、
本当にそれをやる価値を見いだした時だと思います。


本気で何かを頑張っている人とそうで無い人のたったひとつの違いは、
頑張る対象に対する連想が違うのです。


とんでもなくすごい事になると腹の底で理解した人は、
寝る間を惜しんでやるのです。

そうで無い人は、まだまだすごいと思えてないのです。
認識が甘いと言えるでしょう。


良い情報を頭に入れ続け、良い連想を保ちましょう。


mixiチェック

haxe501 at 21:42│clip!毎日の行動指針