2009年02月12日

責任、リスク、自由、お金、幸せ、

最近、責任について考えていますが、
予想以上に、幸せと関係ある事がわかりました。


まず、自由と責任はセットであると言う事です。

そして、責任感の無い人間からは、
人もお金も離れていくという事。

人間は生きながらにして、必ず責任を負っている事。

責任とは、リスクである事。

責任感の強い人は、責任を果たせない状態でいると、
自己嫌悪に陥り、自尊心が傷つく事。

人間が、真の幸せを手に入れるには、
全て自己責任で生きる事。

そして、他者に対する責任を全て果たす事にあるのです。



では、責任とはなんでしょうか?

責任とは、自由に対するリスクだと思います。
そして、目に見えない貸し借りだと思います。


レストランに入って食事をしたら、
お金を支払うのが客としての責任です。

犯罪を犯したら、罰を受けるのも責任です。

自分が自由に行動できる代償として、責任があるのです。


逆に、責任が無いと言う事は、
他者にコントロール、管理されている時です。

つまり、自由が無いと言う事です。

他人に雇われている人は、
自由が少ない代わりに、責任も少ない。
会社が潰れても債務は降りかかりません。

しかし、自営業者、経営者は、
自由が大きい代わりに、責任も大きいものです。

事業が破綻した時には、その一切の責任が降りかかります。


と言う事は、選択肢が多い人、自由が多い人ほど、
多くの責任を果たしている人だと言えます。

お金というのも自由を計るモノサシです。

お金をたくさん稼ぐ人は、
顧客に対する責任を果たしていると言えるでしょう。

自由を得ようとすると、同時に責任も大きくなるのです。

普通の人は、その責任の大きさに耐え切れません。

何故なら、責任を果たせなかった時のリスクが怖いからです。
リスクを受け入れるより、不自由を受け入れてしまうのです。


ちなみに、責任を放棄しようとすると信用を失います。

無断欠勤や、給料もらってるのに仕事をしないとか、
そう言う人は、信用を失います。

結局、信用を失うという結果に責任を取るハメになるので、
自由に対する責任からは逃れる事はできません。

信用は目に見えないので、軽視する若者も多いかも知れませんが、
信用が無いと、人とお金が離れていきます。

人は、信用の無いモノにお金を払いたく無いですから。

おいしさや安全性に信用のない食べ物を買いますか?
勤勉に働くという信用が無い社員を雇いますか?

って事ですね。


一番幸せになる方法は、
責任を果たそうと努力する事にあります。

責任を果たすと、自尊心が高まります。

自分が手にしている自由と引き替えに課せられた責任を自覚し、
ぜひ、責任を果たす人間を目指して下さい。



mixiチェック

haxe501 at 03:23│clip!幸せに生きる