2009年02月06日

愛と怒り

最近、自分の考え方が猛スピードで変わっています。

怒りの抑圧を止めたおかげで、
怒りを表現する様にもなりました。


でも、たまには厳しい事を言うのも、
人の為だなと思います。

全て優しく、甘い言葉で人が成長すれば良いのですが、
なかなかそうも行かないみたいですね。


やはり、人間は強烈な痛み、苦しみの限界を感じた時に、
自ら変わろうと思うモノです。

そして、成長したい人間というのは、
厳しい事を言ってくれる人が実は好きなんです。


自分のダメなところを本人が自覚している場合、
それを治したいのが本音なのですが、
それがなかなかできない。

そんな時、そこを叱ってくれる人には、
「本当に自分の事を考えてくれてるな」と思うから。


でも、間違えてはいけないのは、
「八つ当たりの怒り」と「愛の厳しさ」は
違うという事です。


その怒りや厳しさの出所が、
愛か恐怖かの違いです。

自分の身を守る為に怒るのか?
相手の成長の為に怒るのか?

その違いです。


ある、有名な人が、
「厳しくするのは、その子を愛してるから」

と言っていましたが、その意味がわかりました。


それを見分ける簡単な方法は、

威張っているかどうか?
エラそうかどうか?

です。


威張ってエラそうな人は、
間違いなく自分の事しか考えていない人ですね。

全然エラそうではなく、
自然体で謙虚な人は、後者です。


mixiチェック

haxe501 at 11:03│clip!毎日の行動指針