2009年01月26日

星の商人

最近、ハマっている犬飼ターボさんの著書、
「星の商人」と言う本があまりにも素晴らしかったので、
また紹介させて頂きます。

初版が2005年なので、「今更?」感は否めませんが(笑)


21世紀型の資本主義の在り方が書いてある本だと思います。

ある若い商人が、まず自分が商売で成功し、
才能をある人間を育て、投資し、
ビジネスオーナー、投資家へと自分も成長していく姿が
描かれています。


ロバート・キヨサキのキャッシュフローモデル
従業員 → 自営業 → ビジネスオーナー → 投資家

を小説を通してわかりやすく理解できる様になっています。
しかも短めの本なのですごく読みやすいです。

競争の経済から、共存の経済へシフトする今の時代に、
すごくマッチしている本だと思います。


犬飼ターボさんの
「人の成功を助けて自分が成功する」

という考え方がよく理解できる本です。

ぜひ読んでみて下さい。




mixiチェック

haxe501 at 16:11│clip!読書について