2009年01月25日

テクニックと本質

心理学を語る人には、
テクニック系の人と、本質系の人がいます。

自分で名付けたんですけどね(笑)


それで、テクニック系の人は、
相手をコントロールする方法や、
相手の心を読む方法を研究しています。

効果的な言い回し、相手の仕草から心理を読むとか、
そう言う事を延々と書き並べています。

内面的な事より、外面的な事を重視しています。


本質系の人は、
自分を成長させる事が
本当の問題解決、幸せに繋がる事を知っているので、
自己成長や考え方、潜在意識について語ります。

そして、外面より内面を重視しています。


私はバリバリの本質系なので、
テクニックは全然研究していません。

たまに、私はどんな人間か分析して下さいとか、
自分の気にくわない人をなんとかしたいとか
あの人の気持ちを知りたいんですとか
言われたりしますが、

それを言ったところで、
自分の幸せとは何の関係もないんですよね。


なので、他人を何とかしたいという相談は、
基本的に受け付けていません。

あまり意味がないと思っているからです。


でも、テクニック系の人はそう言う時、
相手をコントロールするアドバイスをするでしょう。

テクニック系の人は見ればわかります。
自然体ではなく、どこか自分を造っている印象がします。


私は、その人が自然体か造っているかすぐ見分けられるので、
自分を造っている人にはあまり近づきません。


自分を造る人というのは、
自分の本来の姿を隠しているからです。

何故そんな事をするかというと、
他人の評価をとても気にする人だからです。

そう言う人は、内面に恐怖を抱えていて、
人からエネルギーを奪う人です。


逆に、自然体の人といると、とても落ち着きます。


テクニックを否定するわけではないですが、
本質ありきのテクニックです。

本質が99%、テクニックは1%です。


目先の結果をテクニックで手に入れたとしても、
本質的な幸せが手にはいるとは限りません。


ぜひ、テクニックよりも、本質を重視して、
自己成長に取り組んで頂きたいと思います。



mixiチェック

haxe501 at 03:27│clip!毎日の行動指針