2009年01月13日

CHANCE & DREAM

また、とても素晴らしい本に出会ってしまいました。

その名も「CHANCE」と「DREAM」
両方とも、犬飼ターボさんの著書です。

これ程の良書とまだであっていなかった事に、
少し悔しさもありますね。

しかし、今のタイミングで読む事が、
自分にとって、最も良いタイミングだったのかもしれません。


本田健さんの「ユダヤ人大富豪の教え」や、
神田昌典さんの「成功者の告白」の様な、

主人公がメンターからいろいろ教わりながら
成長していくという、物語形式のビジネス書です。


非常に勉強になったのは言うまでもないですが、
私の「幸せになる本」に通じる部分も多く、

自分が感動した本や、興奮した本に、
自分が書いた本と同じ内容の文章があったりすると、
非常に嬉しいですね。


価値的には10万〜20万円分の価値がある本だと思います。

私も将来的には、このような素晴らしい本を出版したいです。


この2冊を読んで感じた事は、
自分が死んでも社会に貢献し続ける"本"や"システム"を
作りたいなと純粋に思った事です。


人間の、目先の快楽を満たす商売も多いですが、

目先の幸せでなく、
人間の本質的かつ長期的な幸せにつながる仕事を
していきたいと思いました。


「幸せになる本」を書いて、
"自分が幸せになる方法を見つける"と言う私の目標は達成されました。

次は、他の人の幸せに貢献する為に、
本の執筆、カウンセリング&コーチング、講演、
才能ある人をビジネスにスカウトするなど、
積極的に仕事をしていきたいと思います。



mixiチェック

haxe501 at 00:17│clip!読書について