2008年11月21日

怒る人

今日、久々に本気で怒られました。
尊敬する人からの愛の説教とでも言いましょうか…。

それが誰かとか、どういう理由かとかは
あまり言いたくないので言いません。

まぁ、怒っている人が誤解しているだけで、
私が悪くないと言う事だけは断言しますが。


で、怒っている人というのは、
実は、怒っている相手に怒りを感じているわけではありません。

怒りの元になるのは痛みや悲しみ、許せない気持ち
さらに深く辿ると恐怖に行き着きます。


部下が失敗をした時に怒るのは、
自分に被害が及ぶのを怖がっているからです。

そう言う人は、嫌いな人が失敗したら喜ぶでしょう。
怒りの元は失敗ではなく、自分に被害が及ぶかどうかなのです。


子供がはしゃいでいる時に怒るのは、
モノが壊れたり、子供がケガするのが怖いからです。 

他人に迷惑をかけてしまったら謝らないといけないしね。

誰もいないフカフカの草原だったら、いくら子供がはしゃいでも
全然平気でしょう。



詐欺をしている人間に怒るのは、
自分は頑張って働いているのに、
ラクしてお金を儲けられてるのが悔しい、
自分がやっている事がバカバカしく思えてしまう恐怖です。


愛する人を殺されて怒るのは、
許せないからです。

許してしまうと、自分はただ奪われた、不幸なだけの
虚しい人間になってしまう恐怖があります。



そう言う内面に痛みを抱えている人は、
エネルギーが枯渇しています。

そのエネルギーを奪う手段として、
怒るのです。

本人にとって厳しいことを言わなければならないときも
あるかもしれませんが、
それは、別に怒りの感情を乗せなくてもいいのです。

冷静に相手のことを想って伝えればいいのですから。


他にも、エネルギーを奪う手段として、
かまって欲しくて被害者ぶったりもします。


今日はだいぶエネルギーを吸い取られましたが、
私は許すという事も実践してきたので、

怒りをぶつけられても、
イライラや悲しみの感情は起きませんでした。


私は自分でエネルギーを満たす手段を知っているので、
数時間もすれば元通りになります。

エネルギーを回復する手段はまた書きたいと思いますが、
極力、エネルギーを奪おうと言う人には近づかない事ですね。


私は動物占いがたぬきで、人に逆らうのが苦手なんです。
なので、エラソーな人がすごく苦手なんです。

しかも、正直なので割り切って建前で付き合うという事も苦手です。

自分を守る為に、エラソーな人は極力近づけられません。


mixiチェック

haxe501 at 03:46│clip!幸せに生きる