2008年11月13日

恐怖を捨てる

いろいろ、勉強したり、研究したりしてわかった事は、
恐怖こそ、人の幸せを邪魔する唯一の存在と言う事です。

人間は、様々な恐怖を持って生きています。

・お金が無くなる恐怖
・死の恐怖
・他人に嫌われる恐怖
・自分の存在価値が失われる恐怖
・他人から責められる恐怖
・他人にがっかりされる恐怖
・愛する人を失ってしまう恐怖
・健康を失ってしまう恐怖

それらの恐怖が少なければ少ないほど、幸せに生きられるのです。

恐怖を捨てていく事が、幸せへの道と言えるでしょう。


それで、他人からどう思われるかという恐怖を捨て去るには、
自己開示していく事だと思います。

自分の考え方、何が好きか、何をしているのか、
そう言う事を、周りの人に知っていってもらう事です。


普通じゃない事は、開示しにくいものです。

でも、隠していると、他人にそれがバレた時、
どう思われるかという恐怖が、常につきまといます。


私の知ってる人で性同一性障害の人がいますが、
人と違うという事は、とても大きな悩みだそうです。

その人が相談した、お医者さんのアドバイスは、
周りの人に、自分が性同一性障害だと言う事を、
カミングアウトしなさいという事でした。

その人は、カミングアウトしてから、
かなりラクになったそうです。


私も、このブログを書き始めた時、正直不安でした。
自分が周りから見て、そんな風な事を考えている
イメージでは無いからです。

周囲の人間の自分に対するイメージを覆す事というのは、
なかなか勇気がいる事なのです。

でも、今ではたくさんの人に見て欲しいと
思えるぐらいになりました。


それに、最近はそうでもないですが、

昔、心理学や哲学は宗教と同じく、
偏見を持たれる対象でもありました。


なので、自分は心理学が大好きだと、
周りの人に言うのもちょっと怖かったのです。

でも、最近では応援してくれる人もいたりして、
結構自信がついてきました。


なので、自分が他人と違うという事で悩んでいる人は、
それを周りの人に知ってもらう事です。



あと、自分が恐怖症とかトラウマを持っている人は、
過去を思い出す事と、弱い自分を認める事で、
心が軽くなります。


私、ある事がどうしようもなく怖くて、
避けてしまう事があるんです。

どうしたら避けずに受け止められるかな
ってずっと考えてたんですけど、

自分が傷つきやすい人間だと認めた瞬間、
めちゃくちゃ心が軽くなったんですね。

自分の弱さを認めるという事は、許すと言う事です。


怖がっている自分がイヤで、
何とかしたいと思ってましたけど、
弱い自分を認めたら良いだけだったんです。

個性だっていろんな種類があるんだから、
元々の個性を何とかしようなんて思わない方がいい。

それに、弱さがある方が人間らしいし、
もっと自分を愛せるようになります。

周りの人も、ちょっと欠点があるくらいの方が、
愛嬌があって、可愛がってくれますからね(笑)


あと、トラウマについては、
心に溜まっている過去の感情を外に出すという事。
トラウマになった原因を知る事です。


感情は、感じれば消え去ります。

強い人は、ネガティブな感情を抑えて、
自分にムチ打って頑張ったりしますが、
心にとっては良くない事です。

辛い事があったら
泣いたり、叫んだり、愚痴ったりして、
表に出す事が重要です。

ネガティブな話も聞いてくれる友達がいますか?
その友達はとても大切な存在です。

いない人は私にメール下さい(笑)


自分の心に溜まっている感情は、
感じ尽くして空っぽにしましょう。


そして、トラウマになった原因を知る事で、
トラウマというのは軽くなります。

私の場合は、受験に落ちた事が結構トラウマで、
結果がわからないモノに対して、
かなり恐怖を持ってしまう傾向があったのですが、
原因がわかった瞬間、かなり心が軽くなりました。


トラウマは必ず過去に原因があります。
過去を思い出して、原因を調べてみましょう。


mixiチェック

haxe501 at 14:08│clip!幸せに生きる