2008年10月24日

私は昔、テレビで愛がどうのこうの言う人を見て、

「キレイ事言って…」
と、ニヒルに思っていました。

本音でもないことをカッコつけて言うのが
カッコ悪いと思っていましたし、
ウソつく人がそもそも好きではありません。

キレイ事が好きじゃないのは今も変わっていません。


最近ヒップホップで愛とか夢とか言うのも、
本当に実感してそう思ってるのかな?

人のこといえないですけど、
20代から30代前半ぐらいの音楽やってる奴らが
揃いも揃ってそんな崇高な事考えてるとも思えないし、

歌詞に説教じみたメッセージを
入れるのも好きじゃありません。


それを聞いて良いって言う人も
ちゃんと実感してるのかな?

と思います。


実感してないことを、
キレイゴトやタテマエで発言すると、
すごく嘘っぽいんです。

しかも、愛なんて宗教やってる人が
盲信的に信じているものだと思っていました。

それに、クサくて恥ずかしいでしょ(笑)


でも、私は今、愛というものが、
本気で大切だと感じています。


何年か前、アメリカ同時多発テロがあったとき、
田舎の祖父が新聞を見て泣いたと聞きました。

その時は、なぜ泣くのか気持ちが分かりませんでした。

驚きはしましたが、リアリティが無いし、
人が死ぬニュースは日常茶飯事、しかも他人事。

大きな事件ではありますが、
自分の知り合いがいる人以外は、
なかなかニュースで泣いたりしないでしょう。


でも、今は祖父の気持ちが少しわかります。

心に愛が宿ると、飛び抜けて優しくなるし、
涙もろくなります。何かに守られている気分になるし、
心が満たされる気分になります。

自分の見ている景色が全然違うものになります

昔は科学しか信じていなかったリアリストが、
愛を語るようになるとは思いませんでしたが、

目に見えないものを信じる気持ちは
本当に大切だと思います。

でも、こればかりは自分で実感しないと
信じることができないと思います。


私、元々めちゃくちゃ涙腺が固くて、
映画で泣いたことも1、2回くらいしかないんです。

でも、今はちょっとしたことで泣きそうになります。

人間が幸せになるためには、
物質的なもの、お金、恋人、地位、名声、権力
そういったもの以外に、

愛を理解することが必要不可欠だと思います。



mixiチェック

haxe501 at 14:15│clip!幸せに生きる