2008年08月22日

頭の良さとは?

最近、いろんな人と会話していて、
頭の良さってなんだろう?

って事にふと疑問を抱きました。

少なくとも、学歴で無いことは確かです。

頭の回転の速さだろうか?
理解力の高さだろうか?
自分で考え、判断する能力だろうか?
自我が少ないことだろうか?
知識が豊富なことだろうか?
人を信じることだろうか?
人を疑うことだろうか?

と様々思いを巡らしていて、
これだ!と思ったのが、

本質を見抜く目を持っているかどうか? です。

多くの情報を飛び交う中で、
ベストな選択をできる人が頭がいい人だと思います。

他人から色々言われたりもしますし、
自分で慎重に思考を巡らす事もあるでしょう。

でも、最終的に自分にとって一番良い選択を選べる人が、
頭のいい人だと思います。

その為には、本質を見抜く目、根本を見る目が必要です。

それを持っていない人は、目先の事に目を奪われて、
わざわざ自分の不利益になる様な選択をしたりするので、
もったいないなって思うことが多いです。

要は、ものごとを長期スパンで考えることができないからですね。


そして、本質を見抜ける人は、
直感がものすごく冴えていますから、
「なんとなくこう思う」って事が正解であることが多いんです。


本質を見抜く目は、日々考えることで養われると思います。

誰にでも直感は訪れているハズです。

あれ? なんでこんな気がするんだろう?
なんとなくこっちが良いと思う。

その潜在意識が出した答えの理由を探っていくことに、
本質を見抜くヒントがある様に思います。



mixiチェック

haxe501 at 07:24│clip!幸せに生きる