2008年08月18日

自分以外のモノの為に

最近の若い人は、
生きることに対するモチベーションが低いと思います。

若い人だけじゃ無いのかも知れませんが…。

なんでかな?
と、いつもと同じ様に考えていました。

昔の日本人は、もっとすごいパワーを持っていたはずです。

忠臣蔵なんて話は、
仇討ちを果たした後、全員切腹する覚悟を決めて、
主君の仇討ちに向かう話です。

幕末は、
多くの維新志士達が、日本を外国から守るために、
戦いました。

太平洋戦争の時は、
多くの日本兵が国のために命を懸けて戦いました。


そう言った部分を見ると、日本人は他人の為にこそ、
全力を尽くす民族なのかも知れません。

海外では、他人のために自分が命を懸ける、
または死ぬという事があまり理解できない人も多い様です。


現代の日本では、他人のために命を懸けると言う話を、
滅多に聞くことが無くなりました。


武士道と言うものが本当に薄れています。


西洋文化、核家族化、学校教育の限界…。
いろいろあるでしょう。


カッコイイものと出会うことが無くなったのも、
大きな原因だと思います。


カッコイイものが存在するのは、
本や映画などのフィクションだけで、

身近にカッコイイものがないから、
カッコ悪いことがわからない。

本当はカッコ悪い事なんだけど、
周りもカッコ悪いから気付かない。


そんな所でしょうか…。


あなたの周りに心から尊敬できる人いますか?

いなけりゃ出会うことですね。


今の時代、美学が本当に大切だと思います。

自分がカッコイイ大人であること、

それを子供達に見せることが、
最大のプレゼントなのかもしれません。


mixiチェック

haxe501 at 09:08│clip!幸せに生きる