2008年08月09日

批判50 : 賞賛50

前も一度書きましたが、
人間は褒められすぎて天狗にならない様、
また、責められすぎて自信喪失にならない様、

自分を成長させるために、他人から浴びせられる
賞賛と批判は50:50の割合だ。

と、小林正観さんは言っておられます。

99人から賞賛を浴びる人は、
残りの1人から99人分の批判を浴びせられる。

と言うことです。


自分が叱られたり、他人から責められたりした時、
自分の成長のために言ってくれているんだ。

と思えば、感謝できますね。


外で何をやってもうまくいかない人は、
家族が味方になってくれますし、

外で順風満帆うまくいっている人は、
家族が批判者となってブレーキ役になってくれている様です。


そして、外でも家族からも賞賛される様な素晴らしい人なら、
世間の噂や妬みなどが批判となっているのでしょう。

事実無根の悪い噂にどう対応するか?
それがレベルの高い人の試練だと思います。


でも、人生全然うまく行っていないと思っている人は、
感謝が足りないのでしょうね。

必ず存在する味方に感謝できず、
必ず存在する批判者に文句ばかり言う。

そういう事ばかりしていると、
人生は苦しいでしょう。


逆に、味方に感謝し、批判者にも感謝できれば、
その人の人生はとても前向きなモノとなります。

だから、事あるごとに ありがとう って口にしましょう!


mixiチェック

haxe501 at 01:33│clip!幸せに生きる