2008年07月07日

全ては意識の問題

現実を変えるには、
行動を変えるしかない。

行動を変えるには、
意識を変えるしかない。


意識を変えるには…。

脳みそに何を入れるかです。


この半年間で、私は意識がガラリと変わりました。

私は本読んだり、考え事が好きなので、
毎年毎年、自分は成長したなぁ…。

って感じるのが好きなんですけど、


半年間ぶつかっていた壁が、最近になって
スッと目の前から消えそうな予感です。

なんだ、こういう事だったのか!
って感じです。

やっと問題の本質がわかりました。


断言しますが、何年も変わっていない人は、
脳みそにいっつも同じモノを入れているからです。

変わらない人を見ていると、
いい加減、脳みそに入れるモノを変えろよなって思います。

その人の情報源の少なさが見て取れます。


私は自画自賛しますが、情報収集はプロ級です。
その中で、質の高いものを見分けるチカラもあります。


同じ情報源で何か変わるわけが無い。

情報源って雑誌とかテレビとかインターネットのことではありませんよ。


誰と付き合うか、誰の話を聞くか、どんな本を読むか…。
それが重要です。

私はトップレベルのモノにしか興味がないので、

当然、トップレベルの人の話を聴きに行きます。
トップレベルの人が書いた本を読みます。

だから意識が変わるんですね。


小林正観さんを読んで、
人を喜ばせる事をしてきました。


そしたら、セルフイメージが高まり、
自分にもっと自信を持てる様になりました。

小林正観さんより、宇宙の仕組みを知っている人は
たぶんたくさんいるでしょう。

しかし、小林正観さんは、
人に分かりやすく物事を伝えるプロであり、
人に実践をさせるプロだと思います。

それは誰にも負けないトップレベルだと思います。


他にも、トップレベルの結果を出している人のスピーチを聴いたら、
だんだんプロ意識に目覚めてきました。



私は壁にぶつかりながら、頭をぶつけながらでしか
学べない体質です。

そして、自分が心の芯から納得、理解できないことは
やりたくない主義なのです。


だからこそ、人にモノを教える時にすっごく役立ちます。


自分がうまく行かない事をたくさん経験しているからこそ、
他人にもリアリティを持たせて
わかりやすく説明することができます。


逆に、天才でまったく失敗をせず生きてきた人は、
人にモノを教えるには向いていません。

他人がぶつかっている壁が理解できないからです。

やる気とか、気合いの問題とか抽象的なアドバイスしか出来ません。


神様がいるとしたら、
たぶん、私にはうまく行かない事ばっかり経験させて、
人に教えるチカラを身に付けろと言っている様な気がします。

同じうまくいってない人でも、そこから何も学んでない人は
永久に成長することはありませんから、
頭を使って下さいってカンジですね。


私は周りの人達が思うより、結果にものすごくこだわる人間です。
結果がでない方法やり続けても意味無いじゃんって思っていますから。


ただ、時間に対するこだわりは少ないかも知れませんが…。

その分、遠回りしてでも、最高の方法で結果を出したい!
その意識は誰よりも強いと思います。


だからこそ、今持っているモノを手放してでも、
新しいモノを取りに行きたい!

そんな風に考えています。


ともかく、
結果を変えるには、意識を変えるしかない。

その意識の変える方法までアドバイス出来て始めて、
本当の名監督、名コーチだと思います。


意識を変える方法は、

脳みそに、クズみたいな情報を入れることを止め、
トップレベルの質の高い情報を入れることです。

そのツールが、
本と、スピーチ(CD、DVD含む)、人との会話です。


同じルーチンを繰り返してうまく行かないんだったら、
本当に何か変える事ですよ。

今より悪くなってもいいんです。
そこから学ぶし、現状よりは良い。

良くなったら儲けモンです。

何か変えたら、どっちにしろ成長するんです。
変えなければ、今のままです。


うまく行ってないない事をずっと繰り返すだけ…。
それが一番愚かな選択です。

でもそーゆー人…。 多い…。


外見の結果ばかり意識して、内面を磨くことをしない人は、
結局、結果も出ないので何も変わりません。

内面こそが、全ての外面を創りだしていると言うのに…。


変化する人と変化しない人を何が分けるかというと、
結局、成長するのが好きな人かどうかですね(笑)


自我が強い人は、自分の考えやプライドに固執して、、
"今の"自分で正しいと思っているのでなかなか変化しないです。

もしくは、今の自分の性格は仕方ないと責任転嫁しているかです。

自我が強い人は、自己主張が激しい人です。
絶対こうあるべきだとか、こうしなければならないと言う、
should・Mustタイプの人ですね。

そう言う人は成長しづらいです。

なぜなら、その人は、
自分を宇宙のルールに合わせようとするのではなく、
宇宙のルールが自分に合わせるべきだと言っているのです。

そんな事あり得ませんからね。

謙虚とは真逆の傲慢な考えです。


逆に、好奇心を持って、人の話をスポンジの様に吸収する人は、
間違いなく成長する人です。

謙虚に、自分を宇宙のルールに合わせようとするからです。


なので、私の話に食いついて、興味を持つ人は、
たいがい成長しやすいタイプです。


私は人間的に成長したい人が好きなので、
そう言う人にはどんどん人間的に成長する話をしていきます。

なので、私と深い仲になった人は、めちゃ変化します。

成長するためのツールや話題はいくらでも持ってますから(笑)


レベルの高い表現を使えば、
成長とは、宇宙のルールに自分を合わせていくことなんです。

変わりたい人、成長したい人は、きっと私と気が合います(笑)


mixiチェック

haxe501 at 03:47│clip!幸せに生きる