2008年07月04日

生活毒

最近、生活毒のスペシャリストになろうかと思っています。
生活毒というのは、またもや自分で名付けました。

ヒ素、サリン、青酸カリみたいなすぐに死ぬ猛毒の事ではありません。

すぐに死んだりしないけど、確実に健康に害を与える、
人間が生活する上で浴びる毒のことです。

日本は生活毒だらけの国です。

塩素、化学物質入りの水道水
食品添加物
特保マーク付の人工的に創られた油
マーガリン
酸化した油
シックハウス
電磁波
排気ガス
ダニ、ホコリ、カビ
経費毒
アルミニウムなどの有害金属
市販の薬


何も知らない人は、
毒にさらされまくって生きています。

風呂も料理も、塩素と化学物質が入った水道水。
外食やコンビニで買った添加物だらけの食事。
家ではホルムアルデヒドやダニ、ホコリ、カビだらけ。
目に見えない電磁波に犯され、
市販のシャンプー、せっけん、洗剤に含まれる
経費毒が体内に吸収されている…。

体内に毒を溜めると、
体調不良、肌荒れの様な症状が出ます。

さらに溜めて過ぎて溢れ出ると、
アレルギー、アトピーの様な症状になります。

もちろん、病気にもなりやすいし、
脳に影響を与える事も十分にあります。

歳を取れば取るほど、その辛さがわかると思います。


実は、人間には解毒と排毒(デトックス)する能力もあります。

ただ、毒だらけの生活をしていては、
肝臓が処理しきれず、毒を脂肪に溜めたりしているのです。

現代人の体内には毒が溜まっている。
それは否定しようのない事実です。


外から進入する毒をできるだけ防ぎ、
体内にある毒をできるだけ解毒、排毒させる。

そういった事に詳しいアドバイザー的な人は、
これから需要が増えてくると思います。


心理学はもうかなりのレベルまできたので、
次は、生活毒について勉強したいと思います。


健康はいつでもカタチを変えながらブームです。
何を食べたらいいとか…。

でも、毒に注目する所がなんだかおもしろそうじゃないですか?

健康のスペシャリストではなく、
毒のスペシャリストって所が新しくて興味深い。

健康って大切だよねって人は、若い人にはまだまだ少ないけど、
毒は防いだ方が良いよねって意見には賛同しやすいと思います。

防毒アドバイザーって肩書きがあったりしたら面白い(笑)

そういう新しいことを考えたり、
コンセプトを打ち出す事って、本当に面白いです。

もう既に本を10数冊買いました。

知識を得ることは本当に楽しいです。


mixiチェック

haxe501 at 14:00│clip!個人的な事