2008年06月25日

都合がいい話

どうすれば人は幸せに生きていけるのだろう?
と、21歳の時からずっと考えてきました。

で、行き着いた答えは、
神様というモノの存在をあると仮定した方が、
人は幸せになれるのではないか?

という結論に至りました。

日本以外の国は、だいたい宗教があります。
無宗教の人種の方が少ないと思います。

神様を信じているからこそ、モラルや秩序が
保たれていると海外の人たちは思っているようです。


私は何教に入れと言っているのではありません。
自分だけの神様をイメージすればいいんです。

私の神様は、絶対に自分に不利益な出来事は起こさない。

今はそんな風に考えています。

念押ししますが、心がラクになるからですよ。
神様を信じろと強要するつもりはありません。

そっちの方がラクだから言っているのです。
目的が重要で、その為の手段の話をしています。


何か自分にとってイヤな事が起こっても、
それは人間の浅知恵で理解できないだけで、
長期的に見れば、絶対にこれは良い出来事なんだ!

そう信じることで、心が軽くなります。


そうして神様に感謝の念を送ることで、
謙虚さを身に付ける事ができるわけです。


なんて都合の良い話でしょう!


mixiチェック

haxe501 at 10:58│clip!幸せに生きる