2008年05月25日

普通の人、個性的な人

私の友人になる人は、非常に個性的な人が多いです。
それは、私が個性的な人が好きだからだと思います。

私が思う個性的な人とは、
一芸に秀でていたり、
好奇心が強かったり、
ユーモアセンスがあったり、
何かについてすごく詳しかったりする人です。

語れる何かを持っている人ですね。


逆に、過去の話、仕事の成績の話、異性の話。

そんな話しかしない人は、
全く興味をそそられません。

何の生産性も無いですから。


やはり、私は未来に興味ある人が好きです。

今年の夏は〜〜しようとか、
来年は〜〜したいとか、
将来は〜〜目指すとか、

そう言う人は、考えている人です。

過去の話しかしない人は、
未来や現在について真剣に考えていません。


あと、小林正観さん曰く、
周りに個性的な人が集まる人には特徴があって、
自己主張をしない人、自分の意見を押しつけない人
らしいです。

その人のカラーを受け入れてあげられるように、
自分は主張しない薄い色である必要があるみたいです。


確かに、自我が強かったり、自己主張をする人の周りには、
"いい人なんだけど、何だかパッとしない人"が
多いような気がします。

ちゃんと自分で考えてる? 
その人の言いなりになってない?

って心配になる様な人ですね(笑)


私自身はめちゃくちゃ強い個性を持っています。

みんなに嫌われるような人と仲良くなったり、
みんなが慕っている人に魅力を感じなかったりします。

でも、人に対しては、自分で決めた事が一番正しいよ
って言ってますから、

そう言う態度が、個性的な人と仲良くなれる
秘訣かもしれません。


mixiチェック

haxe501 at 15:21│clip!人間関係