2008年05月21日

エネルギーの出し方

誰でも、自発的に何かをしようと思う時、
エネルギーが必要になります。

他人からもらったエネルギーはすぐに尽きます。

自分の中から生み出し続ける、
エネルギーの源泉を掘り当てる事です。

人によって、エネルギーの出し方は違うはずです。


私の場合は、快楽主義者ですから、

人に喜ばれる
社会的意義がある
それ自体が楽しい、笑える
向上できる
自分が必要とされている
自分の成長が確認できる
明るい場所
褒められる

そんな方法や目的、環境があれば、
エネルギーがめちゃくちゃ出ます。


逆に、自分のエネルギーを奪う事は、

人に嫌がられる
おもしろくない、笑いがない
ストレスを感じる
空気が悪い、暗い
ネガティブ
利己的、批判的
人をけなす、ダメだしする

そんな自分や他人、空間にいると、
エネルギーはみるみるウチに無くなります。


昔読んだ本に、
一瞬、悪い人になって、負のエネルギーでお金を稼ぎ、
その後人間性を磨けばいいって書いてある本がありました。

すごい事書いてあるなと思いましたけど、
同時に、自分には出来ない方法だなと思いました。

自分の目先の利益のタメに頑張れる人がいるなら、
それはそれで否定はしませんが、

自分がそれをやると、逆にエネルギーが枯渇するんです。


逆に、ビジネスで成功したければ、お金の事は忘れ、
自分がお客様に与えるサービスの向上に集中しろ
と書いてある本もあります。

私はそっちの方が自分に合っているやり方だと
思いました。

昔は負けず嫌いで、人と比べたりして
モチベーション上げてたタイプですが、
最近変わってきましたね。


なので、エネルギーが欲しい人は、
他人から与えてもらうだけじゃなく、
どうすれば、自分の心から永遠に湧き出てくるのか?

それを考える事が近道だと思います。



mixiチェック

haxe501 at 11:12│clip!毎日の行動指針