2008年04月22日

感謝する方法

今日、言葉では言い表せないくらい衝撃的な事を発見しました。
雷で打たれた様なショックを感じました。

これで、宇宙の仕組み、謎がほとんど解けました。

それは、何故この世に不幸な現象が起きるかという
非常に根本的な話です。

「 釈迦の教えは「感謝」だった 」  小林正観(著)
と言う本を読んでいて気付かされました。

この記事を読まれた方は、
すぐにでも買って読んでみて下さい。


結論から言うと、この世の上手く行かないこと、
不幸な現象というのは、その人に感謝を思い出させるために
起こっているのです。


なぜ感謝が重要かというと、
いつも感謝の気持ちで生きることが人間の幸せであり、
精神性が高いことだからです。

幸せになる事が人間の目的であり、
感謝が幸せになることです。


なので、感謝を忘れやすい人のために、
わざわざ、思い通りにならない事がおこるのです。

そう考えると、イヤな事自体に感謝できそうです。


イヤな事は、「感謝を忘れてるよ」という
サインだと捉えることができます。


イヤな事が起こった時に、人は不平不満を垂れます。

でも、うまく行かないことに目を向けて文句を言う前に、
うまくいっていること、自分がいかに恵まれているか、
ということに、まず感謝すべきだと
宇宙は教えてくれているのです。


それは、私の体験、他人の体験談を検証しても、
当てはまることばかりです。


この世は自分が投げかけたものが
自分に返ってくる様にできています。

人を大切にすれば、大切にされる、
お金を愛すれば、お金に愛される、
仕事を愛すれば、仕事に愛される、

人を責めれば、他人に責められる
人を否定すれば、他人に否定される、
人を傷つければ、他人に傷つけられるのです。


つまり、今起きている全ての問題は、感謝を忘れ、
その問題の対象を
「軽く見たり」、
「ないがしろにしたり」、
「ナメたりした」
結果、引き起こされている事なのです。


貧乏な人は、お金に感謝せず、
軽く見て、ないがしろにしてるはずです。

友達がいない人は、他人に感謝せず
軽く見て、ないがしろにしているはずです。

仕事がうまくいかない人は、
その仕事内容、仕事仲間、報酬など、
いずれかに対して、ナメてるか、
不満を持っているはずです。


部下がいうことを聞かない、
上司に恵まれないと言う問題も同様です。

恋人や夫婦の問題も同じです。
相方への感謝を忘れているのです。



今、自分が抱えている問題は、

例えば、お金の問題ならお金に対して、
人間関係なら人間関係に対して、

自分の考えが間違っていることを
教えてくれている貴重なサインなのです。


私が今抱えている問題も、
当然、今までその対象が当然だと思い、
感謝を忘れ、軽く見て、ナメた結果、
引き起こされていると、今日気づきました。


良い事が起こった時はそのまま感謝できます。

イヤな事が起こった時は、
自分よりも恵まれていない人と比較したり、
それについて学んだ事に感謝できます。

何もない時に感謝するには、
何も悪い事が起きていないことに感謝します。

食事の時、いただきます、ごちそうさま
と言うことも感謝です。


そういったことを突き詰めていくと、人間というのは、
いかに多くの事に対して感謝できるのか
と言うのを試されている様に思います。

確かに、いろんな人を観察していると、
感謝している人は仕事がうまくいっていて、
感謝していない人はうまくいかない様に
できているみたいです。


これで、宇宙の仕組みがだいぶ判明しました。

でも、これを2500年前に言っていたのが
実はお釈迦様らしいです。

すごいですよね。


mixiチェック

haxe501 at 23:38│clip!幸せに生きる 

この記事へのコメント

1. Posted by くまりん   2008年04月24日 17:58
なぜいいことと悪いことは順番にやってくるのか、わかった気がします。
いいことがあるとやがてはそれが当たり前みたいに感じ、どんどん贅沢になってしまう。
感謝を忘れているんですよね・・・。
ここ何ヶ月か意識して感謝の言葉をつぶやくようにしています。
今度こそもう手放したくないですしね。