2008年03月08日

執着

最近、ちょっと役に立つかどうか微妙な事ばかり書いてますが、
自分にとってはなかなか面白いテーマなので、
もう少しお付き合いください。

で、色々本を読んだり、人の話を聞く中で、

執着を手放した瞬間に物事が上手く行きだした。
という話を良く聞きます。

実際に執着を手放すと、

・冷静になる
・焦りが無くなる
・一歩退いた視点で物事を見れる
・リラックスできる
・自分の心の声が聞こえる
・自分がやりたい事に集中できる
・雑念が消える

と言う効果が得られます。


ただ、やはり一つ心配なのが、
執着を手放すことは向上心を手放すことに
なるのではないか?

と言う不安ですね。

でも、私が感じるには、
純粋に周りの事を考えられる様になったり、
自分の意志でエネルギーを注げる様になるので、
結果的に全て言い方向へ導かれる様な気がします。


どんな世界でも大成する人は
自分のやってることが「好き」だと思います。


この前億万長者の人が言っていました。

何故成功してもお金を稼ぎ続けるんですか?
と言う質問に、

自分がお金と労力を投資してリスクを取った事で
お金が返ってくる。

そのプロセスが面白いし、ビジネス自体が面白い。
と言うことらしいです。

当然、成功した人には、必ず血の滲む様な努力をした時期があります。
ですが、強制された努力でなく、自発的な努力です。

それはストレスとは無縁なハズです。

つまり、ストレスは排除すべきモノで、
ストレスを生み出す執着も手放した方がいいのでしょう。

ここまで書いて、執着の正体が少しわかりました。
「執着」=「無茶な願い、望み」の事です。

こう表現すると、非常にわかりやすいですね。


人気ブログランキング
人気ブログランキング

【 あなたのポチッに感謝!! 】



mixiチェック

haxe501 at 08:34│clip!幸せに生きる 

この記事へのコメント

1. Posted by くまりん   2008年03月08日 14:20
私も最近執着について考えていたのですが、夢が「無茶な願い、望み」なのかがわからなくなってきました。どこまで夢を追えるのでしょうか。
2. Posted by Takao   2008年03月08日 21:23
執着の話は、自分の気持ちを軽くする考え方であって、それが絶対に正しいからという話でもありません。

自分の思った通りに行動するのが一番いいと思います。

ただ、強い願いと、それが叶うかどうかの不安や焦りはセットで切り離せないと言うのは事実だと思います。

運命の話も、もしも結果が決まっているとしたら、
不安に思うか、期待せずに気楽に考えるか、
それは自由に選択できるという話です。

夢を追うプロセスが純粋に好きならストレス無く
努力できますから追えばいいと思いますし、
夢が絶対に叶わないとイヤだと結果に固執すると、ストレスになる。

それは事実だと思います。
3. Posted by Takao   2008年03月08日 21:23
結果に固執する=ストレス有り
プロセスを楽しむ=ストレス無し

と言うことです。

ただ、多少の困難が待ち受けていても、
結果を手に入れることが自分の幸せだと思ったなら、当然ながら結果を追うことの方が幸せなのだと思います。

全て、自分の自由に選択できます。

ただ、もし仮に運命が決まっていると仮定したら、
結果が同じなら気楽な方がいいですよねって
そんな軽い捉え方でいいのではないでしょうか?
4. Posted by Takao   2008年03月08日 21:32
結果を抜きにして、夢を追うプロセスが
楽しいのであれば、何も問題ないと思います。

例えば、
好きな彼を振り向かせるために
バレンタインのチョコを渡したとして、
好きになってくれなかったら苦しいと思いますが、

ただ受け取って欲しいだけなんですって言って渡すと、
渡した時点で自己完結してますからストレス無いですよね。

将来の為に今我慢して苦しんで……。
って考えで行動していると、やっぱり辛いと思いますし、あんまりうまくいかない気がします。