2007年10月04日

精神と健康

9月30日に京都で栄養に関する講演を聞いてきました。

とにかくすごかったです。


タンパク質の不足によるホルモンバランスの崩れが
精神病を引き起こすとか、

日光を浴びると、ハッピーホルモンのセロトニンが分泌され、
脳が快感を得て、精神が安定するとか、

私の研究している心理学と大いに関係がある内容でした。


他にも、国民の医療費の負担額が増大して、
お金のない患者は見殺しにされる時代が来るとか、

最近問題になっている
子供の自閉症、大人の鬱病と栄養の関係、

ニートの働けない理由の
1位は適合する職業が見つからない、
2位は健康を損なっているため物理的に働けない

身体が資本。
不健康だと稼げないし治療費がかかる
お金が欲しければ健康でいることとか


もうとにかく今の時代に健康に興味がないことが
どれだけ危険な事か思い知らされました。


健康=お金です。


幸せになるためには心理学や精神論だけでなく、
やはり栄養をキチッと摂ること、
有害物質から身体を守ること、
本当に大切だと思います。



mixiチェック

haxe501 at 01:00│clip!食生活と運動